USB変換ユニットでPCのハードディスクを読み込みするには?

パソコンの本体を複数台購入して所有していると、そのうちの1台に急に不具合が出て
正常に動かなくなってしまった時に、別のPCがあればトラブルの対処法にも幅が広がり、また素早く実行できますね。

例として、Windows7やWindows 8、10などのOSを使っているコンピューターで
急にオペレーティングシステム上のデスクトップ画面が開けなくなった場合、
実質、ほとんどの操作が出来なくなるので時には深刻なトラブルになります。

セーフモードやスタートアップ修復の機能から起動が立ち上がらなかった時は、
場合によっては再セットアップをしなければならなくなります。

また、OSは問題なくてもマザーボードやCPU、メモリなどのパーツが故障していたら、
多くの場合、部品を新品に買い換えて交換しなければなりません。

そんな時に、先に「ハードディスクドライブ」をパソコン本体から引き抜いて、
「USB変換ユニット」(HDD変換アダプター)などの読み取り装置に繋げて
別のパソコンからUSB接続で読み込む、という方法を使うとまた便利です。

もちろん、IDEケーブルやSATAケーブルでデスクトップパソコンのドライブベイに一時的に組み込んで増設したり、
HDDのサイズとコネクタに対応されている外付けハードディスクケースに入れて読み込む、といった方法でも回復できます。

筆者の場合、使わなくなったパソコンからはハードディスクドライブだけ
HDD変換マウンタ(またはドライブベイ)ごと取り外して本体とは別の場所に安全に保管している物も多いですね。

急にHDDを何かの用途で使うことになった時、デスクトップPC本体を丸ごと物置き場から出してケーブルを繋げ直さずとも、
USB変換ユニットで接続すれば、OS自体は使えなくても他のファイルはすぐに開けます。

またWindowsのシステムが破損していても、もちろん各フォルダやファイルを読み込みしてバックアップを取ることも可能です、

HDD変換アダプターの製品の一例として、『玄人志向 HDDtoUSB変換アダプタ SATA2 IDE対応 KRHC-SATA2+IDE/U2』などがあります。

外付けハードディスクケースと違う点の一つとして、HDD変換マウンタから固定ネジを回して
取り外さなくてもステンレスがコネクタに引っかからなければ、マウンタを取り付けたまま
SATAかIDEケーブル用のコネクタに繋げて、手軽にデバイスへの読み込みもできます。

(ノートパソコンの2.5インチHDDだと片方の側面のマウンタだけドライバーで取り外さなければ引っかかることもあります。)

USB変換ユニットは製品にもよるのですが、現在、多く普及している3.5インチ型SATAハードディスクの他に、
IDE方式のものやノートパソコンで使われる2.5インチサイズのHDDの読み込みもできます。

なので、あらゆるハードディスクドライブをパソコン本体から簡単に取り外して、
本体の修理期間の間はUSB変換ユニットから接続して使う、という手法も便利です。

しかし、外付けHDDケースやPCのドライブベイと違い、USB変換ユニットの使用中は
ハードディスクをむき出しの無防備な状態で置くことになります。

そのためうっかりプラッタの回転中に動かしたり、コードを誤って引っ張ったり、
小さなゴミや埃、水滴などが付着したりすると故障の原因になるおそれがあるので、
特にデータの読み込み中は各機材を十分に丁寧に取り扱う必要があります。

取り外したHDDの中にインストールしたOS自体が壊れていると、ファイルやフォルダは開けるのですが、
OSは正常に起動できないままなので、バックアップなどの作業が終わったら、またOSを修理していく必要もあります。