ダイアログボックスで間違って消したファイルを復元

Windows(ウィンドウズ)やMac OS XなどのOSのパソコンを操作中に
コマンドを選択する際に表示される別枠の新しい設定ウィンドウの画面
ダイアログボックス』 (dialog box)を開いて入力操作を打ち込んでいる際に、
間違えてファイルを削除したり変更してしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

ダイアログボックス

まず、エラーメッセージなどの画面ではあまり直接的に拡張子を操作する事は少ないのですが、
エラーにより展開中のアプリケーションを上書き保存の前に閉じる、と選択しなければならなくなると、
更新していたデータが以前の保存時の状態にまで戻って消えてしまいます。

その時は、もしそのお使いのユーティリティーに「自動回復」の復元機能があって有効であれば、
もう一度アプリケーションの画面を開いた時にBAKファイルなどのログから復旧できる場合もあります。

次にWindowsのエクスプローラー画面などでプロパティ画面を開いている時に、
チェックボックス(オプションスイッチ)の切り替えや名前の変更などの操作を間違えて行った時は、
すぐに「Ctrlキー+Zキー」か右クリックの「元に戻す」を実行すると前の状態に戻ります。

ログを元に戻す

拡張子を消してしまうと、ローカルディスク(内蔵ハードディスク)にあったファイルの場合
ごみ箱フォルダーに移動されてしまうので、同じくすぐに「元に戻す」の入力をするか、
ごみ箱を開いて「元に戻す」を行って直してください。

Mac OS XのFinderも同じく誤って拡張子の変更をした時は、
すぐ「commandキー+Zキー」を押す事で元の状態にデータ修復ができます。





ローカルディスク上(内蔵HDD)にあるデータであればダイアログボックスで間違えて消したファイルも、
まず「ゴミ箱」のフォルダーに移動するので、ひとまずゴミ箱を開いて元の場所に戻す事で復元できます。

(Mac OS Xは外部デバイスにあるファイル方も、消去するとゴミ箱に一度移動します。)

Macの拡張子画面

そして、ほとんどのユーティリティー上で「ファイルを開く」や「名前を付けて保存」といった
ダイアログボックスの動作の画面でもし誤ってすでにそのディレクトリの中に保管してあるファイルを消した時は、
同じく ごみ箱に移行されているので、「元に戻す」を入力するか、ごみ箱を開いて元に戻します。

削除ファイルを元に戻す

拡張子のサイズが大きすぎてごみ箱に移動せず直接消えてしまったり、破損してしまったりと
何らかの理由でデータを誤った操作で失ってしまった場合は、「システムの復元」や「ファイル履歴」、
あるいはMacの「Time Machine」と、リカバリーやバックアップの機能を使って、パソコンを少し前の状態に
戻すことでダイアログボックス=エクスプローラーやFinderのディレクトリ内の状態を復元してください。

TimeMachine

ですが、ダイアログボックスで開いていたデータ記憶装置が外付けハードディスクだったり、
USBメモリやSDカード、DVD-RWなどの外部のリムーバブルディスクだった場合、
ファイルを消去したらパソコン上のごみ箱に入らず、直接消えてしまいます。

その際にはAOSの「ファイナルデータ」といったデータ復元ソフトを購入して、
パソコンの内蔵ハードディスクや外付けHDD、RAIDなどのリムーバブルディスクにファイルの痕跡が
残っているかユーティリティーのセットアップ後に、取扱説明書の手順に沿って展開してスキャンします。

より確実にダイアログボックスやエクスプローラーで消えてしまったファイルを復元するには、
データ復旧サービスに問い合わせをして診てもらってみてください。



『「ごみ箱の削除後の復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»