BIOS(バイオス)にデータ障害が発生した時に復旧するには?

コンピュータープログラムの一つであるBIOS(バイオス)
【Basic Input/Output System:ベーシック・インプット/アウトプット・システム】
とは、パソコンのパーツであるハードディスクやマザーボード、CPUなどの各機器を
制御するためのファームウェアである貴重なプログラムです。

ハードウェアとの入力・出力を行う役目を持っていまして、入出力装置のインターフェースの
基本処理を行う機能であるためOS以上に大事なパソコン部分でもあります。

BIOSの故障

BIOSは時々書き換え更新が行われるのですが、もし書き換え中にシステムエラーや電源切れなどで
データ障害が起きたり、または強い衝撃や水害によるショートなどでBIOSが故障してしまうと
パソコンが起動できなくなり、OS(Operating System)や再セットアップ画面さえも開けなくなってしまいます。




電源を付けてもすぐ閉じてしまう場合

BIOSが機能していないと、デバイスドライバでのでハードウェアの確認から
次のリアクションをWindowsなどのOSに引き継ぐ事ができないため、電源ボタンを押しても
オペレーテイングシステムのロゴ画面すら開けなくなる重大な故障に繋がってしまいます。

この場合は復旧プログラムも使えないため自力で修復するのは困難なのですが
マザーボードによってはBIOSの切り替えが出来たり、
また、BIOS-ROMを交換する事で直す事が可能です。

組み立てパソコンでない場合やパソコンを自分で分解したくない時は
専門のデータ復旧センターに依頼をして、BIOSの破損で読み込めないHDDの
書き込みファイルを復旧・回収してもらった方が安全で確実的です。



『「ハードディスクドライブの救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»