BIOS(バイオス)に障害が発生した時にデータを復旧するには?

コンピューターのプログラムの一つである、「BIOS」
(Basic Input/Output System:ベーシック・インプット/アウトプット・システム)とは、
パソコンのパーツであるハードディスクやマザーボード、CPUなどの各機器を制御するための、
ファームウェアである、貴重なプログラムです。

BIOSはハードウェアとの入力・出力を行う役目を持っていまして、入出力装置のインターフェースの、
基本処理を行う機能であるため、OS以上に大事なパソコンの部分でもあります。

ですが、もしパソコンに障害が発生して、ハードディスクやSSDが立ち上がらなくなったら、
どのようにすればBIOSの起動と内部のデータを復旧することができる?という疑問について。

BIOSの故障が起きて立ち上がらなくなった時は?

まず、BIOS(バイオス)は時々書き換え更新が行われるのですが、もし書き換え中にシステムエラーや電源切れなどで
データ障害が起きたり、または強い衝撃や水害によるショートなどでBIOSが故障してしまうと、
パソコンが起動できなくなり、OS(Operating System)や再セットアップの画面も開けなくなってしまいます。

Linux(リナックス)といった他のオペレーティングシステムのDVDをドライブ装置に挿入しても、
BIOSで読み込めない、またはやはりBIOSの画面自体が起動できない、といった障害が発生した場合には、
パーツの交換といった別の復旧の方法が必要になってきます。




パソコンの電源を付けてもすぐ閉じてしまう場合は?

次に、BIOSが機能していないと、デバイスドライバでのハードウェアの確認から、
次のリアクションをWindowsなどのOSに引き継ぐことができなくなります。

そのため、電源ボタンを押してもBIOS(バイオス)が正常に展開できず、
オペレーテイングシステムのロゴ画面の段階から開けなくなる、重大な故障に繋がってしまいます。

この場合は復旧プログラムも使えないため、自力でシステム的な修復をするのは困難になります。

ですが、マザーボードによってはBIOSの切り替えが出来たり、
また、BIOS-ROMを交換することで、パソコンを直すことも可能です。

また、パソコン修理サポート店やデータレスキューサービスで、
障害の発生したコンピューターや、その内部のデータの復旧の作業を行ってもらうことができます。




マザーボードの換装による修理をしてもらうには?

次に、BIOSの画面がどうしても表示されない時には、コンピューターのマザーボードを交換されることで、
パソコン本体の大幅な修理を行う必要も出てきます。

また、BIOS(バイオス)の設定に失敗して起動しない時の修復の方法については、こちらのページにて。

自身ではマザーボードの換装の作業が難しそう、という際には、パソコン工房といった、
プロのパソコン修理サポート店に注文をして、部品の分解と交換による代行の作業を行ってもらうことがきます。

その際に出張修理の依頼か、またはパソコン本体の郵送やお持ち込みによるお預かりの形となります。

パソコンをお預かりで修理に出す時は?

次に、パソコンのお預かりでの注文を受けられる際には、
規定により内蔵のハードディスク、またはSSDの内部データのすべての消去が前提となります。

必要なデータがまだ残っている場合には、先にHDDないしSSDを取り外して、
ほかのパソコンに一時的な増設をするかUSB接続でつなげてみてください。

そしてBIOSからストレージを読み取って、必要なデータファイルのバックアップをして、
あとで復旧できるようにすることを推奨します。

その際には、その別のパソコン本体でのBIOSの設定はこれまで通り、
そのPC本体のCドライブのままで、変更はされないようにご注意ください。

データ復旧サービスでサルベージをしてもらう

また、組み立てパソコンでないメーカー製品で、まだ修理保証の期間中の場合には、
個人でPCケースを開いて、内部に取り付けられているマザーボードや電源ユニット、
GPUといった各パーツを取り外して分解をされると、メーカーのカスタマーサポートの方は、
保証が効かなくなり有償での修理の受付となる場合があるため、事前にご注意ください。

パソコンを自分で分解するのが難しそう、という時は、専門の事業である、
データ復旧サービスセンターに依頼をして、BIOSの破損によって読み込めないHDDに、
書き込みされたファイルを回収してもらう形で復旧してもらうと、やはり安全でより確実です。