ポータブルデバイスがエクスプローラーで表示されない時は?

外付けHDDやポータブルハードディスク、USBメモリ、SDメモリーカード、CF、xDピクチャーカードといった
ポータブルデバイス(Portable device)を、パソコンUSBポートでつないでみた時に、
グラフィカル・ユーザー・インタフェース(Graphical User Interface)のエクスプローラーで
表示されない場合は、どのようにすればデバイスが認識できる?というご質問について。

「ディスクの管理」の画面でポータブルデバイスを確認

まず、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンでポータブルデバイスをUSB接続すると、
最初に普段通りに表示されず、「フォーマットしますか?」というメッセージが出て来る場合は、
勢いで「はい」を選択すると、データが保存されている場合は、すべて消去されてしまうのでご注意ください。

ドライバーソフトウェアのインストールが始まってから、
その後コンピューターの画面で、どこにもデバイス名が見つからないこともあります。

デバイスマネージャーのディスクドライブの項目では、認識されているボリュームの一覧に
外付けハードディスクの名称が表示される場合、 「ファイルシステム」(file system)の形式が違う
可能性があるため、「管理ツール」⇒「コンピューターの管理」⇒「ディスクの管理」を開いてみます。

そして、新しいディスクの番号が表示されていれば、BIOSに認識自体はされています。

BIOSの設定画面を開いて補助記憶装置をチェック

「ディスクの管理」に表示されていないためフォーマットが出来ない場合は、パソコンを再起動して、
BIOS(ベーシック・インプット/アウトプット・システム)の設定画面を開きます。

「BOOT」(ブート)の項目で外付けHDDの名称が表示されているかを、確認されてみてください。

対象の補助記憶装置の名称が表示されていなかったら、一度電源を閉じて、
別の差込口か違うパソコンにUSBケーブルの接続をし直してから、もう一度電源を付けてみてください。

またはコントロールパネル→デバイス→「デバイスとプリンター」のウィンドウを開いて、
対象の機器のアイコンを右クリックして、「トラブルシューティング」を押して問題を検出してみるか、
一度「デバイスの削除」を押してからパソコンを再起動して、再度接続し直されてみてください。

外付けハードディスクをケースから付け替えるには?

外付けハードディスクケースが、Windowsのグラフィカルユーザインタフェースである
エクスプローラー(Explorer)の画面に表示されないは、ケースの本体か、USBケーブルが
回路の破損や断線で、故障している可能性なども考えられます。

その際には、ハードディスクをカートリッジから引き出して、デスクトップパソコンの
筐体の中のドライブベイに、変換マウンターに付けてから差し込んでみます。

電源ケーブルの中間コネクタと予備のSATAケーブルを差し込みして
セカンダリパーティションとして増設してみると、読み込み出来る可能性もあります。

また、2.5インチでSATA方式のHDDのストレージメディアに対応された、
USBハードディスクケースを別に購入して、差し込み替えて繋げてみる方法もあります。

モバイル・コンピューターのデータが表示されない時は?

パソコンとの同期で接続するスマートフォンやタブレット端末といったモバイルコンピューターや、
内部のメモリーカードといったポータブルデバイスが正常に読み込みできない場合は、電源が入っているか、
また同期によるアクセスの許可をモバイル端末の方でOKに指示されているかどうかを、お確かめください。

またUSBカードリーダーにSDカードを差し込みして、データを正常に開いて復旧する方法もあります。

ウィンドウズのオペレーティングシステムに問題が出ている可能性もありますので、
場合によっては上書きインストールやスタートアップ修復なども実行されてみてください。

他に2.5インチのハードディスクを一台お持ちであれば、ポータブルHDDのケースから
試しに入れ替えて繋げてみると、 HDDかカートリッジのどちらが故障しているかも判別できます。

スマートフォンやタブレット端末のデータも復元できる?

スマートフォンやタブレット端末のデータファイルを間違えて削除したため復元したい、という場合、
そのまま専用のUSBケーブルでパソコンに同期をしただけでは、
PCでインストールして使用するデータ復元ソフトウェアで読み込みをすることは出来ません。

SDメモリーカードを一度、本体から取り外して、市販のUSBカードリーダーに差し替えます。

そちらをパソコンに接続することで、データ復元ソフトでスキャンができる対象になります。

内蔵のフラッシュメモリは通常、一般の個人では取り出しができないため、そちらのデータは、
事前にクラウドサービスや、または自宅・自社のハードディスクドライブといったデータの記憶装置に、
自動、または手動でファイルをバックアップをしている必要があります。

電話帳など一部のデータは、ケータイショップの方で取り出しをしてもらえるものもあります。

また、写真画像や動画、アドレス帳といった一部のデータは、
専門事業のデータ復旧サービスセンターで、救出作業を請け負ってもらうこともできます。

SDカードといったメモリーカードは、基本的にすべて、データリカバリーサービスにて、
補助記憶装置が壊れて読み込みできない時に、ファイルの取り出しの作業をしてもらえます。

デバイスマネージャーからアンインストールする

ポータブルHDDが表示されない状態のままで、ポータブルデバイスのUSBは
正常と表示されるけれどやはりコンピューターに認識できない、という場合は、

デバイスマネージャーの画面で一度USBメモリを右クリックで、
「デバイスのアンインストール」(削除)をして、 一度USBコネクタから引き抜きます。

そしてパソコンを再起動してから、今度は別のUSBポートに差し込んで接続されてみてください。

ファイルシステムのフォーマットがWindowsに対応されていないものだと、
読み込みができない場合がありますので、別のコンピューターから開いてみてください。

ポータブルHDDに起きた問題をMacパソコンで修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

データ復旧サービスで取り出ししてもらう

どうしてもエクスプローラーやBIOSで補助記憶装置が表示されない場合、
そのポータブルデバイスが物理的に破損している可能性が高いです。

内部のデータがバックアップしていない状態で、何とかして引き出したい、という場合は、
プロの専門事業であるデータ復旧サービスセンター(Data Recovery Service)へ、
壊れた電子機器からのファイルのサルベージの注文をされてみることをおすすめします。

ハードディスクドライブのデータ復旧にかかる費用は、SDカードやUSBメモリに比べると、
最大容量の高さ、パーツの構造の精密さのため、大幅に値段が高くなります。

パソコンの筐体が、落下や強打、事故などで損壊したり、内部のパーツがショートで故障した場合に、
その修理の際には部品を交換することで大体は直るのですが、
ハードディスクドライブにあるデータファイルは、復旧する際には取り出しの作業が必要になります。