iPhone(アイフォン)の記録データは復元できる?

AppleのiPhone(アイフォン)は、内部のフラッシュメモリが搭載されてるデータ記憶媒体でもあります。

稀にiPhoneには、機能のエラーやアップデートの際の障害が起こってしまうこともあります。

またほかにも、保存されているファイルが開けなくなったり、誤った削除のミスや本体の故障のトラブルで、
スマートフォン(多機能型携帯電話)にあった必要なデータを失ってしまうトラブルも起こりえます。

そんな時には、どのようにすれば失ったデータを復元することができる?という疑問について。

パソコンに同期してiTunesを起動する

まず、iPhoneのiOSがまともに機能しない程の論理的な異常が起きてしまった場合に修復する方法について。

ひとまず。同社より配布されているメディアプレーヤーの、『iTunes-アイチューンズ』
という管理ソフトウェアを使って、アイフォンを復旧する方法があります。

パソコンのハードディスクドライブに再セットアップを行うような感覚で、
工場より出荷された時の正常な状態にまでリカバリーが可能です。




「バックアップと復元」でアイフォンのデータを復旧

次に、iPhoneのオペレーティングシステムが破損した時などに一部を直したり、
消えた出たを復活させることができる、iTunesの「バックアップと復元」という機能もあります。

別の補助記憶装置に保存して、後でこちらからデータを復旧することができます。

また、クラウドストレージサービスのiCloud(アイクラウド)を設定しておかれると、
自動的に定期でクラウドサービスの方に、iPhoneにある個別のデータが送信されていきます。

いざという時にそちらのバックアップの分から、アイフォンの内部にあった記録のデータを復旧できます。

破損したiOSが元に戻らない時に修復するには?

次に、iTunesから破損したiOSが、元に戻らない場合に、iPhoneのシステムを修復する手順について。

まず、Appleのサポートの追加トラブルシューティングと、復元の手順のあるサービスオプションをお試しください。

ソフトウェアのアップデートを実行したら、今までに保管されていたデータがすべて抹消されてしまった、
という話も時折聞きます。

iOSの、バージョン2.0以降をインストールすると起こりうる障害と言われていますので、
まだ実行していない方は、iPhoneのアップデートの時に念のために、
データのバックアップをとっておくことをお薦めします。

ほか、iPhoneの保存データをバックアップから復旧する方法については、こちらのページにて。

もしバックアップがなくて、不具合がなかなか直らず、内部のデータは残したまま修理をしてもらいたい、
という際には、iPhone専門の修理サービスにて直してもらわれることをおすすめします。

iPhoneで使用できる機能とトラブルの解決

iPhone(アイフォーン)は「Apple Computer, Inc.」より発売されているスマートフォンです。

多機能型携帯電話であるiPhoneは、ワイドスクリーン、インターネットデバイス、オペレーティングシステム、
そしてマルチタッチインターフェイスなど、無数の高性能な機能を誇る、魅力あふれたハイエンド端末です。

一方で、オペレーティングシステムに、iOSという名称のプラットフォームが搭載されていて、
パソコンに限りなく近づいた性能を持つ優れた機能を有している分、
携帯電話の内部のプログラムの破損やデータの損失も、また起こりえます。

そのため、「リセット」の機能やiTunesの「バックアップと復元」、「iCloud Drive」といった、
iOSの回復や記録されたデータの復旧を行う機能も、複数取り揃えられています。

また、iPhoneのサポートの事例も参考までに。

誤って必要なファイルを削除した時は?

また、他に落としたりぶつけてしまった、などの衝撃によるデータの破損や、誤ったファイルの削除など、
パソコンの内部と同じようなデータ喪失のケースが数多くあることでしょう。

iPhoneも最近では、スマートフォンの普及に伴い、多くのデータ復旧サービスセンターにて、
アイフォンに起こる論理障害の面での対応サービスが実施されて、普及・浸透されてきている様子です。

軽度の論理的エラー程度でしたら、読み込みによるデータ救出ができる可能性があります。

(iPhoneの分解によるフラッシュメモリからのファイルの抽出は、現状ではほぼ不可能とされています。)

破損・故障・喪失の重度や具合によって復旧が可能かどうかが違ってきます。