エクセルのデータを変更履歴の記録で以前の段階に復元するには?

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)の表計算アプリケーションソフトである
「Excel」(エクセル)をお使いの際に、大量の文字や数値の入力でデータが膨大になり、
ある時にどこかの日付の段階に戻す必要が出てきたけれど、どの部分がわからなくなったため、
以前のデータの日付を表示してそこから復元できるようにするにはどうすればいい?という疑問について。

Excelのデータの変更履歴の記録を表示するには?

まず、Microsoft Office(マイクロソフト・オフィス)のExcel(エクセル)には、
変更履歴の記録」という、ログデータを画面上に表示して、
ワークシートのどのあたりの箇所を更新したかが判別できる機能が備わっていますので、これを有効にします。

最初にExcel画面を開いて、「校閲」のタブを開きます。

「変更履歴の記録」→「変更箇所の表示」と進みます。

「新しいシートに変更箇所一覧を作成する」の機能を使用

「強調表示する変更箇所の指定」の変更日を「すべて」に指定します。

「新しいシートに変更箇所一覧を作成する」にチェックを入れて、「OK」を押します。

これで、エクセルのワークシートの画面に、一回ごとに変更した際の履歴一覧が表示されますので、
この中からおおよその時刻のデータを探してみます。

かなり複雑なデータシートを使っていたり、自身ではエクセルでの入力や編集に慣れていなくて苦手、
という際には、Officeスイートに対応されたパソコンサポート店やデータ救出のサービスに注文をして、
ファイルの復元作業を行ってもらうこともできます。




エクセルのマークシートの画面に変更箇所を表示

または、もう一度「変更箇所の表示」画面を開いて「変更箇所を画面に表示する」にチェックを入れます。

マークシートのそれぞれの入力したセルのマスに、強調枠が表示されます。

こららの太枠マスを選択すると更新した日時が表示されますので、おおよその目安の時刻を探します。

その時刻以前の必要なすべてのセルのデータを別のマークシートなどに、
コピー&ペーストしてデータを複写する形で、エクセルのファイルを復元することができます。

Excel(エクセル)のワークシートを復元させるには?という疑問について詳しくは、こちらの例のページにて。

ブックの保存の機能で自動保存したファイルから復元

Excel(エクセル)のソフトウェアを開いて作成・編集して保存した一覧表といったデータは、
その一部を失った時にも、以前に対象のファイルが変更された時刻ごとに自動的に保存して、
後からその段階のデータを復旧できる機能も備わっています。

エクセルファイルの上書き前にパソコンがフリーズして書きかけのデータが消えた場合は、
ファイル→オプション→保存→「ブックの保存」の各項目にチェックを入れます。

そして「OK」を押すことで、データを自動保存して後で復元することができます。

消えたファイルをデータ復旧サービスで修復してもらう

また、エクセルのデータを保存した「xlsx」などの拡張子そのものを、誤って削除した時は、
WindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderで消去した場合は、ごみ箱のフォルダーに一度移行しますので、
そちらから「元に戻す」の指示をして、復旧されてみてください。。

ゴミ箱に移行しない削除の仕方をしていたり、ファイル自体が破損してしまって、
バックアップのデータも取れていなかった場合には、専門で運営されていますデータ復旧サービスセンターにて、
ハードディスクやSSDなどのデータ記憶装置を提出して、見てもらわれることをおすすめします。