削除したデータファイルを自分で復元するには?

うっかり必要な拡張子ファイルやソフトウェアプログラムなどを
間違えてごみ箱やマイコンピュータ内から消去してしまった場合、
またはUSBメモリーカードやSDカード、ローカルディスクをフォーマットしてしまい
全データが抹消してしまった場合でも、後から復元をさせることは可能です。

また、ゴミ箱フォルダーがあるコンピューターやシステムでは、一度削除したファイルは
すぐ消去されずに特定の削除済みフォルダーに移動していることがあります。

上記の喪失例は『論理障害』というパターンでして、HDDが壊れてしまうなどの
物理的な障害よりも高い成功率で修復することができます。

個人でも、専門のデータ復元ソフトウェアなどを用いて元に戻すことができます。

主なデータ復旧専門のソフトウェアに・AOSテクノロジーズ(株)の『ファイナルデータ』シリーズ、
・(株)ジャングルの『完全データ復元PRO』シリーズ、・Mac PPC Intel Macの『DataRescue』
などがありまして、ゴミ箱内の消去ファイルから、再セットアップしてしまった
全データの回復まで幅広く活用することができます。

一気に何百、何千ものファイルを驚くべきスピードで元に戻していくことができます。

消去してしまってからしばらく時間が経って何度も保管場所に別のデータを
上書きしてしまっている場合、以前のデータの痕跡が消えていって復元ができなくなっていくことも
多いですので、できる限りすぐに修復作業に取り掛かるようにしましょう。

データ復元ソフトでのスキャンで必要なファイルの検出が出来ないこともあります。

その際には、専門でパソコンサポートセンターの「データ復旧サービス」にて削除ファイルの
復活作業を行ってもらうの最も確実です。

また、PCやHDDそのものが壊れてソフトウェア自体が読み込めない場合は
専門のデータ復旧センターにて機体の内部から抽出してもらわれれることもおすすめします。