外付けHDDに保存したデータを復旧するには?

外付けハードディスクはパソコン内蔵のHDDと違い持ち運びが多く、
特に外付けHDDケースの場合はディスクの入れ替えなど装置の組み換えが多く、
どうしても接続のエラーや衝撃による故障などのトラブルが多くなりやすいです。

外付けHDD

『主な外付けハードディスクのメーカー別製品一覧』

[BUFFALO](バッファロー):USB3.0外付けハードディスク HD-LB2.0TU3/N 2TB
[I-O DATA](アイオーデータ):USB 3.0/2.0接続外付ハードディスク HDC-LA3.0 3.0TB
[Transcend] (トランセンド):2.5インチ ポータブルHDD M3シリーズTS1TSJ25M3 1TB
[LaCie](ラシー):3.5インチ外付けHDD USB3.0 【Mac対応】 LCH-FMN020U3 2TB
[Western Digital](ウェスタンデジタル):MyBook WDBFJK0040HBK-SESN 4TB
[MARSHAL](マーシャル) :USB3.0&2.0対応外付けポータブルHDD 320GB
[PLANEX](プラネックス):外付けハードディスク 高速USB3.0 PL-35STU3-2VZ 2TB
[HGST] (日立):TOURO S USB3.0対応 外付けポータブルハードディスク 0S03732 1TB
[東芝](TOSHIBA):ポータブルHDD ホワイト HD-AA10TW 1.0TB

内部のデータやプログラムが読み込めなくなった場合、
システム復元のアプリケーションや修復プログラムでも元に戻らない、または外付けHDD自体が
『ディレクトリが壊れている』といった表示がされて読み込めないケースも多いものです。

再セットアップの前に確認すべき事

故障を直すには再セットアップの作業を行ってフォーマット(初期化)
し直せばエラーなどの論理的な故障の場合は十中八九直せるのですが、
かわりにそれまで保存していたデータファイルはすべて消えてしまいます。

(正確には初期化した段階ではまだ奥にデータが残っていて、
その後しばらく使って上書きを続けることで完全に消去されます。)





その前に「ファイナルデータ」などのデータ復元ソフトを
パソコンで起動してスキャンを掛ける事でファイルを復元できる見込みがあります。

ただしショート(焼き焦げ)や持ち運びの時の衝撃によるヘッドクラッシュなど物理的な破損の場合は
再セットアップしても直らない(または再セットアップ自体ができない)こともあります。

ケースのみが破損した場合でしたら、まだ内部のハードディスク自体は無事で、
カートリッジから取り出して別のケースに入れ替えるかデスクトップパソコンの空いているドライブベイに
増設して、データのバックアップを取る形で復旧することができます。

物理的な原因でHDDが故障したような状態でしたらくれぐれもお気をつけください。

論理障害や物理障害など、これらのトラブルが起こった場合は
データ復旧センターにて読み込めなくなったファイルを復活・回収してもらうことが可能です。

貴重な保存データをあきらめずとも、復元の専門サービスに注文をすることで救出することができます。



『「外付けHDD」のカテゴリーの前後のページ』

»