外付けHDDをパソコンに内蔵してデータを復旧するには?

デジタルデータの外部記憶装置として幅広く需要のある『USB外付けハードディスクドライブ』を日々使用している際に
急に電源が付かなくなったりデバイスの認識ができなくなったため、応急処置として外付けHDD本体のカートリッジから
お手持ちのデスクトップパソコンの方に中身のハードディスクを移し替えて、
内蔵する形で接続して、データを読み込んで復旧するには、どのようにすればいい?という疑問について。

外付けハードディスクの製品一覧

・BUFFALO(バッファロー):外付けハードディスク 2TB HD-LC2.0U3/N
・Transcend(トランセンドジャパン):USB3.0/2.0 2.5インチ ポータブルHDD 1TB TS1TSJ25M3
・I-ODATA(アイオーデータ):HDD ポータブルハードディスク 1TB EC-PHU3W1
・WESTERNDIGITAL(ウェスタンデジタル):2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-EESN
・Logitec(ロジテック):WDドライブ搭載 USB 3.0 外付けハードディスク 3TB LHD-ENA030U3WS

外付けHDDケースの形状や仕様を確認する

まず、外付けハードディスクの形状や形式、フォーマットの種類などの仕様を確認します。

3.5インチ型の規格であれば、そのままデスクトップパソコン内部の空いているドライブベイに差し込みができます。

2.5インチ型の規格の場合は、HDD変換マウンターへの取り付けによる
ドライブベイへの差し込みの補助をなるべく付けることをおすすめします。

現在の市販の製品はほとんどがS-ATA形式の仕様ですので、多くの場合は
パソコン、外付けHDDともに予備のS-ATAケーブルと電源ケーブルで内蔵が可能です。




外付けハードディスクを開き直すための準備とは?

もし片方がIDE方式の場合は、SATA⇔IDEの変換ケーブルかUSB変換ユニットを購入して、
そちらを使用してデバイスを接続します。

パソコン以外のコンピューター機器に外付けHDDを使用していてフォーマットが
WindowsやmacOS/Mac OS X対応でない場合は、そのままではパソコンでデータの読み込みができません。

その際には、別の外付けHDDケースを購入して、ハードディスクをそちらに差し替えてその電子機器に接続し直します。

または、特殊なフォーマットを掛けたデータ記憶デバイスを読み込みできるアプリケーションソフトを購入して、
パソコンにインストールして、ドライブベイに内蔵してファイルを読み込みします。

PCのドライブベイに内蔵してデータを読み出すには?

お使いの外付けHDDのケースの固定ネジをドライバーで外して、カバーを取り外します。

内部のインターフェースに接続されたハードディスク本体を、固定ネジを外してからスライドされて取り出します。

製品によっては少し分解作業が難しい場合もあります。

また内部のボードやケーブルなどのパーツを割ったり切って壊してしまわないよう注意します。

取り出したハードディスクをデスクトップパソコンの空いているドライブベイに差し込みます。

SATA/IDEケーブルと電源ケーブルの中間コネクタを接続して内蔵作業は完了です。

フォルダーを開いてHDDの保存データを復旧するには?

まず、パソコンの電源を入れて起動します。

Windowsの場合はデスクトップ画面が出てからエクスプローラー画面を開いて、
新しく「ローカルディスク(G:)」といったボリュームが表示されているか確認します。

そちらを開いて、内部のフォルダーやファイルが開ければ、データの復旧に成功です。

最初の起動時には表示されないことがあるため、その場合にはパソコンを一度閉じてから
ケーブルの接続を見直して、もう一度起動してみます。

あるいはmacOS/Mac OS XやUbuntu、Knoppixなど、ほかのオペレーティングシステムから開いてみます。

しかし、もしハードディスクの回転音がしなかったり、カタカタ…といった変な音が出る場合や、
何度パソコンを立ち上げ直しても中身のファイルが見れない場合は、
HDDに何らかの障害が発生している可能性があります。

その際には、プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
ハードディスクからのファイルの読み込みと救出作業を受けてみることをおすすめします。