ファイルサーバのデータをバックアップするには?

近年では、ネットワークに接続してパソコンなどから大容量のデジタルデータを保存する
ファイルサーバ』(File Server/NAS)が普及しています。

BUFFALOのLinkStation・TeraStationやI-O DATAのLANDISKをはじめ、
1TB~数TBの容量のデータが保存できる機器が登場してきました。

その分、万が一の機器の故障や誤ったフォーマットによるディスクの消去といった
アクシデントに備えて、別の外付けHDDなどのデータ記憶媒体へのバックアップの措置も、
パソコンと同様に施しておかれると、よりファイルサーバの管理が安全です。

ファイルサーバ

【主なネットワークストレージの規格の一覧】

・NETGEAR(ネットギア):ReadyNAS 102 2ベイ Diskless RN10200-100AJS
・Synology(シノロジー):DiskStation DS215j NASキット CS5029 DS215j
・バッファロー:NAS(ネットワーク)HDD 2TB LS-X2.0TLJ
・BUFFALO:リンクステーション for RAID機能搭載ネットワーク対応HDD 2TB LS220D0202B
・NEXTAV:NX-H100 NAS Drive 2.5in SATA Hard Disk HDD USB 3.0 Enclosure Case 
・オリエントコンピュータ:HDDデュプリケーター SATA SSD対応 CM-115SATA-IFY
・ASUSTOR(アサスター):NAS2Bay Intel ATOM Dual Core 512MB GbEx1 SATAIII AS-202T
・I-O DATA(アイ・オー・データ):RAID6対応 NAS LAN DISK 8.0TB HDL-XR2U8.0

こちらの一例では、BUFFALOの『TeraStation』(テラステーション)を使用して
データのバックアップを行う例について解説していきます。

まず、外付けHDDやポータブルハードディスク、RAIDなどのデータ記憶を購入、
またはすでにお手持ちの装置を用意します。

ファイルサーバのケースにあるUSBポートのひとつに、USBケーブルを差し込みします。

TeraStationと外付けハードディスクケース、パソコンの電源をすべて起動します。

バックアップの自動更新設定を行うには、まず同じ無線LANルーターなどのネットワークに
パソコンとNASが接続できているのを確認して、「NAS Navigator」を開きます。

(I-O DATAのLANDISKを使用されている場合は、「Magical Finder」を起動します。)

また、パソコン修理サポートセンターやデータリカバリーサービスに、NAS、ファイルサーバの
バックアップ設定の実施されているプランに注文して、作業を行ってもらうこともできます。





WEB設定画面をウェブブラウザで開いてログオンします。

次に、メニューの『バックアップ』を開いて、
項目の一番上にある「バックアップ」の文字の右にあるアイコンを押します。

NAS Navigator

『バックアップタスクの追加』のボタンを押して、『タスク設定』の画面を開きます。

タスク名を記入して、次に実行スケジュール(差分バックアップを行う時刻)の
曜日、時間、動作モードを、運用の方針に沿って設定します。

「バックアップ元フォルダー名」の上にある『追加』ボタンを押します。

タスク設定

次に参照ボタンで、データの保存元フォルダー(ファイルサーバ内)と、
バックアップ先のフォルダー(USBハードディスク内)を選択します。

フォルダーの設定

そして「OK」を押して、新しいタスクが一覧に追加されていれば、設定は完了です。

これで、毎日、または毎週の指定した時刻ごとに、上書きされた分のデータが
自動更新でUSB外付けハードディスクに保存されます。

※すぐにバックアップをしたい時には「今すぐ実行」のメニューを選択します。

手動でデータを選んでバックアップをしたい時には、
TeraStationの場合、NASのケースにUSB接続している外付けHDDを
Windowsパソコンのエクスプローラーの画面から直接ディレクトリを開く事はできません。

なので、一度ネットワークドライブのUSBポートからコネクタを取り外して、
パソコン本体の方のUSBポートに差し替えてリムーバブルディスクとして読み込みます。

(Windowsで読み込みできる形式でストレージがフォーマットされている必要があります。)

「コンピューター」の画面の「ネットワークの場所」の項目にある「Share」を開いて、
中身のフォルダーにあります、バックアップしたいファイルを選択します。

バックアップ

次にリムーバブルディスクの外付けHDDやRAID、NASのフォルダーを開いて、
コピー&ペーストなどでファイルサーバのデータを保存して、バックアップは完了です。

もし、データをバックアップする前にファイルサーバが故障してしまったり、
誤って必要なファイルを消去したり、内蔵ハードディスクが壊れた、といった
トラブルに遭われて開けなくなってしまった場合は、NAS製品を請け負われた
データ復旧サービスに問い合わせて、復元作業をしてもらわれることをおすすめします。



『「バックアップから復活」のカテゴリーの前後のページ』

«

»