トランスフラッシュカードやFISHのデータ復元も可能?

コンピューター上でのデータの記録に使用する、microSDメモリーカードといった、
トランスフラッシュカード(Trans-Flash)、あるいはFISHに保存されているファイルを失ってしまったら、
どのようにすれば拡張子のデータの復元をすることができる?という疑問について。

トランスフラッシュやFISHのメモリーカードとしての規格

まず、これらトランスフラッシュやUFC、FISHの中で、SDメモリーカードなどのメジャーな製品は、
SONYやBUFFALO、Transcendなどのメーカーから発売されているUSBメモリーと同じように、
USBコネクタやカードリーダーを通してのパソコンから読み込んで使用することができます。

主に、データファイルの拡張子の書き込みやコピー、書き換えを行うことができます。

そして、パソコンのOSにデバイスドライバが自動的にイントールされて、
ストレージがリムーバブルディスクとして通常通りに認識されれば、
中身のデータを消してしまったり、ファイルの展開が不可になった時でも、
USBフラッシュメモリと同じく、データ復元ソフトウェアを使って復帰を試みることも出来ます。

もしマイナーな規格で、パソコンのソフトウェアでうまく読み込みができない場合は、
専門のデータ復旧サービスに出して、消えたファイルの修復をしてもらわれることをおすすめします。




拡張子を削除した時にデータ復元ソフトでサルベージする

次に、『ファイナルデータ特別復元版』や『完全データ復元PRO特別優待版』、『復元救出マスター』といった
アプリケーションソフトは、ハードディスクドライブやSSDだけでなく、
カードリーダーに接続ができるメモリーカードであれば、読み込みとサルベージを実行することができます。

また例として、データレスキューセンター 様での、microSDカードの復旧成功事例の解説も参考までに。

USBケーブルを通して、外付けのメディアデバイスに入っている領域もスキャンして、
削除した拡張子のデータ復旧(reconstitution of data)の作業を行う機能も備えられています。

上書き保存を繰り返すと過去のファイルが修復しにくくなる?

ですが、間違えて必要なデータを、トランスフラッシュカードといったメモリーカードから削除した後で、
何度か別のファイルの上書き(新しいファイルの上塗り保存)を繰り返した後では、
前の書き込みの時の痕跡が消失して修復がしにくくなり、拡張子が元に戻せない可能性も高くなります。

なので、修復させる前にTransFlashやFISHに、新たにデータの書き加えをされるのはお控えください。

また、上書きを繰り返したハードディスクからデータ復元はできる?という疑問については、こちらのページにて。

あるいは、元々使っていたモバイル・コンピューターといった機器の方に、
まだ同じデータが残っているかどうかを見直して、そちらを引き出してバックアップをされてみてください。

TransFlashCardやUFCの補助記憶装置とは?

ちなみに、トランスフラッシュカード(TransFlashCard)とは、補助記憶装置であるSDカードの一種で、
サンディスク(SanDisk)より開発された、データファイルの記録用の小型メモリーカードです。

FISH(フィッシュ)は、Flash Internal Semiconductor Hard-drive
(フラッシュ・インターナル・セミコンダクター・ハードドライブ)の略称で、
同じくフラッシュデバイスの媒体の一種です。

(セミコンダクターとは、シリコンなどの半導体のことを指します。)

また、『UFC』(ユーエスシー)は、UniversalSerialBus FlashCard
(ユニバーサル・シリアル・バス・フラッシュカード)の略称で、
USBフラッシュメモリーカードの規格の一つです。

破損したデバイスをデータリカバリーサービスで復旧してもらう

また、トランスフラッシュやFISHといったメモリーカードに傷が付いたり錆付いたりして、
物理的に破壊されて、デバイスからの読み込みが不可能な時は、
ソフトウェアのプログラムからのデータの復元は、基本的にできなくなります。

こういった場合には、専門のデータ復旧サービスセンターにて、壊れたカードをお持込み、
または送付をして、中身のデータの取り出しをしてもらわれることを推奨します。