USBメモリの差し替えでデータが開かない時の復旧方法は?

USBメモリ(USB memory)を、複数のパソコン同士でデータを差し替えしながら使っている際に、
たまによくわからない状況で一部のデータやソフトウェアが開かなくなったり動かない場合、
考えられそうな原因と復旧の方法にはどういったものがある?という疑問について。

エラーや読み込み不可の設定で開かない場合とは?

まず、USBコネクタをパソコンの別のポートに差し替えてみてください。

また、コネクタにゴミや埃が挟まっていないか、見て確かめてみます。

MacBook Airなどに差し込んでいる時は、USBメモリが高熱を帯びて、
しばらく置いて冷まさないとデータが開かない場合もあります。

近年のUSBメモリは、32GB、64GB、GB、1TB~と大容量で安い製品が標準で販売されています。

ですがその分、一度に書き込みやコピーペースト、移し変えなどの作業が出来る量も多くなっていきます。

たまにその一部のデータがエラーや読み込み不可の設定などで正常に書き込まれず、
警告メッセージを非表示にしていたり、気づかなかった、というケースも起こりえます。

USBメモリからファイルを誤って削除されていた場合は、ファイナルデータなどのデータ復元ソフトでスキャンを施すか、
プロのデータ復旧サポートセンターに出して、修復の作業を行ってもらわれることをおすすめします。




USBメモリの経年劣化でデータが開けないトラブルとは?

次に、かなりの年月で使いこんでいるUSBメモリを、パソコンの本体のUSBポートから取り外して、
違うオペレーティングシステム(カーネル)のPC本体や別の外付けHDDケースやRAID、NASといった
ハードウェアにコネクタを差し替えた時に、デバイスが正常に認識されない、という場合に復旧する方法について。

もし数年以上の間でかなり頻繁に使用していると、次第に製品の経年劣化が起こります。

ですが、まだ差し替えで数回に一回くらいはUSBメモリの読み込みができて、
中身のデータファイルが開けることもあります。

その際には、すぐに必要なデータのバックアップを取ってください。

電子機器もやはりどうしても多少は障害が出てしまい、仕方のないことなのですが、
すでに一つのUSBメモリを何千回も使っている場合は、新しい物に交換をしてみましょう。

もしUSBメモリを何度差し替えても開かない時は、プロのデータリカバリーサービスに注文をして、
内部の必要なファイルの取り出しによる復旧をしてもらわれることを推奨します。




フラッシュメモリのメリットとは?

たとえば、データ補助記憶装置であるフラッシュメモリのひとつである、
【NAND型フラッシュメモリ】(読み:ナンド型フラッシュメモリ)は、
NOR型フラッシュメモリよりも記録セルの構造が小型の電子機器です。

主に、USBメモリやSSD、携帯電話の特殊なカードといった記録媒体に使われています。

フラッシュメモリは、使用したことのある方であればご存知、容量の少ないものでも256MB、
さらに近年の製品でしたら64GB~128GB~1TB~もの大容量を記録できます。

更に、消音かつ低電力で使用できるメリットがあるのもポイントです。

メモリーカードの差し替えで起きるエラーとは?

しかし、ファイルの書き込み・書き換えの際、特に一気に大量のデータを記録しようとすると、
差し替えの繰り返しの中で、たまにボリュームが開かないエラーが起きてしまうこともあります。

外部の補助記憶媒体という点もあり、さすがにまだ内付けのハードディスクドライブほどには、
動作が確実的には安定していない、という部分もあります。

例として、Silicon Powerの製品のマニュアルのダウンロードなど、各メーカーごとに用意されています取扱説明書も、
ストレージが開かない時に、ハードウェアを差し替えて読み込み直す復旧の作業を行う際の参考までに。

特にNAND型フラッシュメモリの方は ややエラービットが発生しやすく、
また書き込みが出来る回数も無限ではなく上限があります。

何年も使って数多くの差し替え、数百回~数千回(製品によって寿命の期間は違います)と、
データの保存・消去を繰り返して、機器としての限界を迎えると、認識ミスが起こります。

また、USBメモリのデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

長く使っているうちに、次第にフラッシュメモリにエラーが出始めてきたら、
そのままでの無理な使用は控えて、基本的にNAND型とNOR型どちらでも良いので、
新しいフラッシュメモリに買い換えて新品に交換されることを推奨します。

USBメモリのデータ復旧をしてもらうには?

しかし、古い方のUSBメモリからの、データの移し変えが正常にできず、
一部のファイルが差し替えの際のエラーで読み出せなかったり壊れたり、拡張子が消えた、開けなくなった、
といった場合は、無理に読み込みを行うと、かえって破損が悪化する可能性が高いです。

この場合は基本的に、専門のデータ復旧サービスセンターに注文をして、
データを取り出すための検査と抽出の作業を行ってもらわれることをおすすめします。