iTunesライブラリの曲データが消えた時に復元するには?

iTunes(アイチューンズ)とはアップル社のデジタルオーディオプレーヤー
iPod classic』(アイポッド・クラシック)やiPod nano/touth/mini/shuufle、
また、iPhoneやiPadといった製品に楽曲ファイルをダウンロードしたり、
カメラ機能で撮影した画像をパソコンで管理するためのユーティリティーです。

アイチューンズの認証

iPodやiPhoneを専用のUSBケーブルでMacまたはWindowsのPCと同期し、
インターネットからiTunesStore(アイチューンズストア)で購入した音楽を
ライブラリから移し変えたり、写真のバックアップを取ったりする事ができます。

しかしながらiPodやiPhone、iPadの需要が伸びると共に、ある日iTunesライブラリに
保存していた曲データが消えた、というトラブルの事例も近年でよく見かけます。

まず、急にBGMファイルが画面上のどこにも見当たらなくなる理由は、新しいライブラリを
作成したため、以前のライブラリが表示されなくなっているだけの場合と、
実際にどこかの操作が元で削除していたり破損してしまっている場合とがあります。

iPadなどの電子機器自体に故障が発生して起動ができなくなりファイルが開けない
場合には、プロのデータリカバリーサービスに問い合わせて診てもらうことを推奨します。





ひとまずはマイ・ミュージックなどの保管フォルダにまだ曲データが残っているかを確認してみます。

無事に対象の拡張子が残っていた場合は、iTunesを起動して、
ライブラリの選択を選び、該当するLibraryを開いてみて下さい。

上手く行かない場合は曲が入っているフォルダを使い、再度、新規でライブラリの設定をします。

iTunes自体の機能の様子がおかしい場合は、一度アプリケーションのプログラムを
アンインストールしてから、再度インストールするのも一つの解決策です。

iTunes

ですがコンピューターやFinderのどこを検索しても
ダウンロード購入した曲が見当たらない場合は何かのエラーや削除操作ミスが元で
マイミュージックなどの場所から消えた可能性が高いです。

この場合は、Windowsの場合、「ファイル履歴」といった
OS搭載の修復システムを使えば、ハードディスクドライブからファイルが消えた日時の前に
バックアップデータが保存されていれば、ある場合は復活させることが出来ます。

またはMacOS Xパソコンの場合は、[Time Machime](タイムマシン)や
iCloud(アイクラウド)を事前に設定して機能をオンにしていれば、
そこから引き出したり、以前の状態にHDDの状態を戻すようにして直す事もできます。

また、アイチューンズにCD音楽をいれてiPod nanoに同期しようとした際、
前の同期した音楽データは削除されます、と表示されて、勢いでOKにしてしまい
失敗したため、データを復活したい、というご質問について。 

まず、CDのディスクより取り込みした音楽ファイルは、 iTunesではパソコンと同期すると
「購入した項目を転送」の操作でコピーしないために、稀に消えてしまう場合があります。

「Media Go」などの別のアプリケーションを使ってパソコンに取り込みして、
そこからiPodなどに追加でデータを保存されてみると成功できるかもしれません。

しかし自分で修復する場合は、バックアップデータが確実に取れていなかったら、
大体はある程度の低確率で直せる、くらいの割合になる事も多いです。

今までのファイルが大量に消えてしまい、何としても確実に復元したい、という際は
プロのデータ復旧サービスセンターの受付に
PCのハードディスクを出して診断してもらい、復旧作業を行ってもらうことをおすすめします。



『「消去した拡張子を直す」のカテゴリーの前後のページ』

«

»