モニター画面のサイズ・解像度が自動的に変わった時に直すには?

パソコン本体に液晶ディスプレイ(PCモニター)を取り付けて使用している際に、モニターの付け替え、
またはOSの立ち上げ直しや一時的なスリープモードに移行した後で、
画面のサイズ・解像度が自動的に変わってしまい、見づらくなったら、どうすれば元の状態に戻せる?という際の解決の手順について。

ピクセル・インチの確認

まず、新しいモニターを購入して取り付ける場合、そのモニターの最大解像度
「何pixel×何pixel(ピクセル)・何インチ」の仕様であるかを、ご確認ください。

たとえば、解像度の最大値が「2560×1600」か「1920×1440」か「1920×1080」かという具合に、
インチ(モニターサイズ)だけでなく解像度も、各製品によってそれぞれ違いがあります。

そのため、モニターを新しく交換したり、マルチモニター(デュアルディスプレイ)にして画面を拡張した時、
解像度が合わずに画像が拡大化されて見づらくなったり、画面の一部が途切れて、映らずに見えない部分が出てしまうことがあります。




ディスプレイ設定の操作

まず、Windowsのパソコンを起動した後に、デスクトップ画面で何もない部分を右クリックして、「ディスプレイ設定」を選択して開きます。

次に、「解像度」の項目で、現在ディスプレイケーブルに取り付けて表示しているモニター本体の最大解像度または推奨の解像度に合わせます。

画面の文字などがブレずに正常に映り、かつ途切れた部分がなくなる解像度に、順番に見て合わせます。

マルチモニターで二台以上のディスプレイを接続する際、片方の画面がもう片方の画面と最大解像度が違っていると、
画面の大きさが違って映り、特に文字の大きさなどが、並んだ二画面の間で移り変わると目立って違って見えるため、
モニターを購入される際には解像度の違いにご注意ください。

モニターサイズの違い

また、24インチと27インチ、30インチ、とモニターサイズがそれなりに違うと、マウスカーソルを二画面の間で移行する時に、
段差のようなズレが出て、画面と画面の移動の際に少し動かしにくくなることがあります。

そのため、最大解像度は同じで、モニターサイズもなるべく同じか近いインチのもので購入された方が、
基本的にマルチモニターでは使いやすくなります。

ノートパソコンへの接続

ノートパソコンの側面にあるディスプレイポートにディスプレイケーブルを繋げて
デスクトップ用のモニターで画面を大きくして開いて使う際には、一度ノートパソコンの蓋を閉じてスリープモードにすると、
画面設定がノートパソコンの方に自動的に移り変わって戻ってしまうことがあります。

その際にはパソコンを再起動するか、ディスプレイ設定でメインの画面を切り換えし直します。

ディスプレイポートへの接続

また、ディスプレイケーブルがしっかりとディスプレイポートに接続されていなかったり、
強く引っ張られたり重力で次第に抜けていった場合、片方のモニターが突然映らなくなって、
画面がメインでない方のモニターのみに切り替わることがあります。

その際には、ディスプレイケーブルの状態を見て、差し込み直されてみてください。

モニター自体に誤った設定を施して元に戻せなくなった場合は、初期設定に直すことで購入時と同じに元に戻せる見込みがあります。

もし、複雑な設定のし直しが求められる状態になって個人ではわからない時や、パソコンまたはモニター自体に
深刻な異常が出て正常に映らなくなった時は、メーカーのサポートか私設のパソコン修理サービス店に出して、
持ちこみか郵送、出張訪問のサポートで見てもらわれることをおすすめします。