メモリーカードから失ったデータを復元するには?

メモリーカード』(memory card、またはメモリーユニット)とは、
USBアダプターやカードリーダーからパソコンなどに接続して、ファイルの保管、移動、
または持ち運びを行うのに役立つ、リムーバブルメディア(データの補助記憶媒体)です。

主に型番やメーカーによって、メモリースティック、USBフラッシュメモリー、
CF(コンパクトフラッシュ)、SDメモリーカード、microSDカード、MMC(マルチメディアカード)、
xDピクチャーカード、SM(スマートメディア)、MD(マイクロドライブ)といった種類があります。

また、上記のうちのほとんどの製品は、USBカードリーダー/ライターを通して、
パソコンから読み込んでデータのコピーや書き込み・削除を行うことができます。

マイクロSDカード

これらのメモリーカードから、もしある時に、書き込みしていたデータを、誤って削除したり、
フォーマットをかけたり、長期間の未接続による問題発生などで失った場合には、
どうすれば記憶媒体からファイルを復元できる?という疑問について。




消えたファイルの確認

まず、メモリーカードはファイルの書き換えが可能である分、
保存していたデータを誤って削除してしまうミスもよく起こりえます。

ハードデイスクドライブ(ローカルディスク)やCD-RやDVD-Rと同じく、
保管した拡張子ファイルを消してしまったり基盤が割れて読み込めなくなった場合は
Mac OS Xなど一部のオペレーティングシステム上で消去した時は
一時的にパソコンの「ゴミ箱」に移行します。

ゴミ箱を開くと、フォルダーにファイルが残っていれば、「元に戻す」で、すぐに復元します。

しかしWindows上での操作で、メモリーカードから写真画像などを削除したり、
デジタルカメラからメモリーカードを初期化(フォーマット)した場合は、
直接ファイルが消えて、フォルダー画面の表示上では失った状態になってしまいます。

ですが、まだ完全に拡張子が消失したわけではなく、USBメモリやSDカードなどの
メモリーカードのセクタ上にはまだ、痕跡が残留していることが多いです。

この痕跡データはメモリーカードなどのデータ記憶媒体に新しくファイルを書き込みすると
上書きされて消えてしまうのですが、何も書き込みしなければまだ残っています。

※時間が数年以上経っていると、自然経過の作用で電子の抜け落ちが起こって
ファイルが消えてしまうことがあるので、早めの復旧作業による対処も大切です。

いざという時のファイルの誤った消去や拡張子の破損のトラブルの際には、
壊れたデータの復元やメモリーカードの修理、ファイルの取り出しなどに対応された、
プロのデータ復旧サービス業者に依頼して修復してもらうと、より確実です。



『「メモリーカード」のカテゴリーの前後のページ』

«

»