メモリーカードから失ったデータを復元するには?

メモリーカード(memory card)から、もしある時に書き込みしていたデータを、誤って削除したり、
フォーマットをかけてしまったり、長期間の未接続による問題の発生などで失った場合には、
どのようにすれば、記憶媒体から失ったファイルを復元することができる?という疑問について。

Macパソコンで削除したファイルをゴミ箱で復元するには?

まず、メモリーカードはファイルの書き換えが可能である分、
保存していたデータを誤って削除してしまうミスもよく起こりえます。

macOS(Mac OS X)のオペレーティングシステムのパソコンでは、
内蔵のハードデイスクドライブやSSD、外付けHDDと同じく、
SDカードやUSBメモリ、コンパクトフラッシュ、xDピクチャーカードといったメモリーカードに
保管したファイルの拡張子を消去した場合も、一時的にデータがパソコンのゴミ箱に移行します。

Finder(マイファイル)からの操作で 必要なデータを削除してしまった時には、ゴミ箱アイコンを開いてみてください。

ゴミ箱のフォルダーにファイルが残っていれば、そちらを選択して右クリックをして、
「元に戻す」を入力すると、すぐにメモリーカードにある以前のフォルダーの場所に、
表示が消えていたデータの拡張子の復元(Data Restoration)ができます。

しかし、Windowsのオペレーティングシステム上での操作で、メモリーカードから写真画像などを削除したり、
またはデジタルカメラの機能からメモリーカードを初期化(フォーマット)した場合は、
直接ファイルが消えて、フォルダーの画面の表示上では失った状態になってしまいます。

※一部の小型の電子機器に搭載されている、内蔵されたフラッシュメモリから消えたデータは、
 一般の個人では難しいので、専門のデータリカバリーサービスで復元をしてもらわれることをおすすめします。




データ復元ソフトでメモリーカードから失ったファイルを復活させるには?

ですが、まだ完全に拡張子が消失したわけではなく、USBメモリやSDカードなどの、
メモリーカードのセクタ上には、過去の痕跡のデータが残留していることが多いです。

この痕跡データは、メモリーカードなどのデータ記憶媒体に新しくファイルを書き込みすると、
そちらで上書き保存されて消えてしまうのですが、何も書き込みしなければまだ残っています。

そちらの拡張子は、専用のデータ復元ソフトを使用して、ドライブスキャンを行って、
失ったファイルを検出する形で復旧を試みることもできます。

メモリーカードをパソコンで読み込みするには?

次に、『メモリーカード』(またはメモリーユニット)とは、
USBアダプターや小型の電子機器からパソコンなどに接続して、ファイルの保管、移動、
または持ち運びを行うのに役立つ、リムーバブルディスク(データの補助記憶媒体)です。

パソコンに接続して、モバイル端末の内部のストレージやメモリーカードを開くには、
デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、スマートフォンなどの製品に同梱されている、
USBケーブルをパソコンのUSBポートに繋げて、デバイスを読み取る方法があります。

ですが、こちらのアクセスの方法では、データ復元ソフトでスキャンをかけることができないため、
USBカードリーダー/ライターにメモリーカードを差し込みして、パソコンに接続する必要があります。

また、過去に削除していたメモリーカードのデータも修復できる?という疑問について詳しくは、こちらのページにて。

メモリーカードには主に、型番やメーカーによって、SDメモリーカードやUSBメモリー、
またCF(コンパクトフラッシュ)やメモリースティック、MMC(マルチメディアカード)、
xDピクチャーカード、SM(スマートメディア)、MD(マイクロドライブ)といった種類があります。

上記のうちのほとんどの製品は、USBカードリーダー/ライターを通して、
パソコンから読み込んでデータのコピーや書き込み、または削除を行うこともできます。

また例として、カメラのキタムラ 様のデータ復旧サービス(お店注文)といった、
サポートの実施が行われているカメラ屋さんもあります。

移動体通信ができるモバイル端末をなくした時に探すには?

次に、モバイルコンピューティング(mobile computing)の電子機器(エレクトロニクス・デバイス)である、
携帯電話やスマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンといった、
移動体通信(mobile communication)を行う電子機器を、
内部に差し込みしていたmicroSDメモリーカードごと紛失して、場所がわからなくなった場合に探す方法について。

まず、事前に位置情報サービス(location-based service)を設定していれば、GPS機能から現在地を、
または最後にアクセスをした時の場所を確認してもらうことができる見込みもあります。

また、携帯電話やスマートフォンの場合は、他の電話から通話をしてみると、
もし知人の家や、会社・事務所に置き忘れていたり、落し物としてどこかに届けられていた場合は、
誰かに電話に出て頂ける可能性もあります。

あるいは、間違えてモバイル端末、あるいはメモリーカードをゴミ箱の中に落としていたり、
服のポケットに入れたまま、洗濯機に入れていないかどうかもご注意ください。

外出した後でなくしたことに気づいた、という場合は、ひとまず通った道を辿って探してみてください。

それでも見つからなかった場合は、交番や忘れ物センターに、見失った物の届け出をしてみましょう。

また、デジタルカメラをSDカードのデータごと紛失した時の対処法については、こちらのページにて。

モバイル端末が見つかった後で、もし内部の基板がやモニターが強い衝撃などで割れたり、
水濡れ・水没していて破損して電子機器が読み込めなくなった場合でも、
まだメモリーカードとデータファイルの方は無事で、復旧できる可能性もあります。

データ復旧サービスセンターで機器からの修復をしてもらう

もし、メモリーカードを最後に読み込みしてから、時間が数年以上経っていると、
自然経過の作用で電子の抜け落ちが起こって、ファイルが消えてしまうことがあります。

なので、何か電子機器にトラブルがあって壊れてしまったら、
早めにデータ復旧の作業による対処をされておかれることも大切です。

いざという時のファイルの誤った消去や、拡張子の破損といったトラブルの際には、
壊れたメモリーカードの内部のファイルの取り出しや、損傷したデータの復元などに対応された、
プロのデータ復旧サービスセンターに依頼をして修復をしてもらうと、より確実です。