筆まめや筆王のはがきや作成用の住所録のデータを復旧するには?

オリジナルハガキの作成用ソフトウェアで、現在大手のユーティリティーには、
株式会社クレオから販売されている『筆まめ』(ふでまめ)や、
ソースネクスト株式会社(SOURCENEXT)の『筆王』(ふでおうゼロ)、
富士ソフトの『筆ぐるめ』(ふでぐるめ)などがあります。

はがき作成ソフトは、時期によって間を空けて使うことが多いのですが、
もししばらく使っていないうちに、いつの間にか筆まめや筆王でのはがきの編集データや、
以前に作成した住所録のデータが消えて失った時には、どのようにすれば復旧できる?という疑問について。

はがきや住所録のデータを失うトラブルとは?

まず、年賀状やクリスマスカード、暑中見舞い、残暑見舞い、寒中見舞い、ウエディングペーパー、
また誕生日カード、名刺、ちらし、企業からのお便りや告知、といった様々な用途でのはがきに、
写真やCGイラストの画像合成、デジタルロゴなど色々なデザインを付けておいたデータは、
筆まめや筆王で展開する専用のファイルの拡張子で、保存されているパターンが多いです。

これらも、しばらく使用していないうちに、いつのまにか住所録や、はがきの下書きに作成していた、
データファイルを間違えて削除していてなくなっていたり、紛失してしまうこともよくあります。

パソコン上のどこかのフォルダーに、まだ残っていないかどうかを、一通り開いてご確認ください。

また、インターネット上のクラウドストレージのサービスなどもチェックされてみてください。

どうしても見つからなかった時は、以前にデジタルの文字入力やインクジェットプリンターでの印刷をした、
はがきのサンプルで使った用紙が、まだどこかに残っていましたら、ケースや引き出しから取り出して、
そちらを見本にして、筆王や筆まめのソフトで作り直してみる、という手法もあります。




なくなったアドレスリストの戻し方は?

次に、例えば一年くらい経って年末に年賀状を書く時期になった時に、以前に取ってあったはずの、
筆まめ オールシーズンといったソフトウェアの住所録のリストがなくなってしまった場合は、どうすれば復元できる?という疑問について。

一番良いのは、筆まめや筆王、筆ぐるめでハガキを作り終えて一段落するたびに、
設定画面から作業後または作業中の住所録ファイルを、外付けHDDや、DVD-RまたはDVD±RWなどの、
外部のローカルディスクやリムーバブルディスクにコピーして、データのバックアップを取っておかれることです。

バックアップしていたファイルからリカバリーする

次に、筆王や筆まめのハガキ作成ソフトウェアで、アドレスや氏名の文書を書きかけの場合に、
間違えて違うものに上書き保存をしてしまった場合に、失ったデータの復旧をする方法について。

その際にも、住所録のバックアップを作成しておけば、後で設定画面の「復旧する」と書かれたアイコンで、
ファイルを置き換えて元に戻すことも可能です。

また、同じようにアドレス帳やハガキの画像・グラフィックやロゴを製作したファイルを失ってしまうと、
どこかで消えていた後で、また作り直すに手間がかかってしまいます。

なので、ついでに外付けハードディスクやRAID、NASといった外部記憶デバイスに住所録とともに、
コピー&ペーストなどの方法で、住所録や葉書のデザインといったデータのバックアップを取って、
あとからいつでも復元ができるようにしておかれましょう。

もし、パソコンの再インストールやHDD・SSDのフォーマットなどで、住所録を消去してしまった場合は、
それ以上のハードディスクやSSDへの新しいデータの上書き保存は控えて、
専門事業のデータリカバリーサービスに出して、復元をしてもらわれることを推奨します。




予備のファイルが残っていない時の修復の仕方は?

次に、個人で大勢に宛てるため年賀状といったハガキを書く時や、法人関連で大勢のユーザー様に、
感謝御礼や宣伝用のお便りを作成する時は、住所録(アドレスブック)が必要になります。

手書きのメモやノートブック、電話帳などの紙媒体に書かれたものから、
コンピューター上にデータ入力をして、筆まめや筆王のユーティリティーで使用する住所録に保存しておくと、
その時だけでなく今後、同じところに葉書を出していく際にも、
すぐに住所やお名前をパソコンで以前のデータから引き出せるので、作業時間の短縮にも役立ちます。

また、宛名職人に登録した住所録やはがきのデータを復元する方法については、こちらのページにて。

もし、バックアップを取っていなかった状態で、ファイルの誤った削除の操作を行ってしまった場合は、
市販のデータ復活ソフトウェアである、『ファイナルデータ』や『復元プロ』といったツールの機能を使って、
以前に作成した差出人の住所録やハガキデザインの、データの復旧を試みる方法もあります。

データ復旧サービスでパソコンやストレージを見てもらう

ですが、前回に筆まめや筆王、筆ぐるめを使ってから、数ヶ月~一年以上たって開いていなかった際に、
前に作り上げたファイルをどこかで間違えて削除していたりと、いつの間にか消えていることに気づかれた場合、
ハードディスクやSSDのセクタがそれまでに、何度も別のデータで上書き保存されて、
住所録などの拡張子の痕跡が、もうほとんど消えてしまっている可能性も少なくありません。

失ったのが、筆まめ、筆王といった、はがき作成用ソフトウェアでよく使う、
替えのない貴重なアドレス情報なので、どうしても復帰させたい、という際には、
住所録のファイルを保存していたパソコン、または外付けHDDやRAID、やNASなどのストレージを、
プロのデータ復旧サービスにお持込みをして、元に戻せるかどうかを見てもらわれることをお薦めします。