販売王のソフトで作成した管理データを失った時に復旧するには?

ソリマチ株式会社から開発・発売されています、業務用の販売管理ソフトウェアである
「販売王」で入力したデータを、間違えて記入したり一部を消去した時に復元する手順や、
ファイルを削除してしまった時に復旧する方法には、どのようなものがある?という疑問について。

バックアップ用の暗号化したファイルを作成するには?

まず、販売王のソフトには、独自のデータバックアップと復元の機能が搭載されています。

画面を起動してから、「ファイル」のタブにある、「データバックアップ/復元」の項目を入力します。

「ダイレクトメニュー[保守モード]」のサポートのウィンドウとともに、
「データバックアップ/復元」のダイアログボックスが開きます。

予備のファイルを作成する保存先は、たとえばWindowsのパソコンでは、デフォルトで
「C:¥Users¥ユーザー名¥Documents¥data(2021.06.04).sal20」という具合に設定されています。

販売王で扱う見積入力や受注入力、納金請求処理、商品登録の台帳といったデータの、
バックアップファイルの保存先を指定したら、「開始」をクリックします。

パスワードを決めて入力をして、「OK」→「はい」と押すと、暗号化されたデータの保存が行われます。

バックアップが完了しました。と表示されたら「はい」を押して、
最後に保存先のフォルダーに「.sal20」の拡張子がありましたら、予備のファイルの作成は完了です。

また、管理データのバックアップの設定や、パソコンの操作のミスなどにより失った時の復旧の作業は、
プロのパソコン修理サポート店やデータリカバリーサービスで、代行してもらうこともできます。




販売王のソフトで管理しているデータを後から復元するには?

次に、後で販売王のソフトで取り扱っていた業務用の管理データを破損させてしまったり、
書き間違えをして保存した、または紛失してしまった、という場合には、今度は「データ復元」のタブを開きます。

前に保存した「.sal20」の拡張子があるフォルダーを「参照」で開いて、対象のファイルを選択します。

そして「開始」→「はい」を押して、次の暗号の解除の画面で、以前に設定したパスワードを入力します。

そして「OK」を押すと、データの復元が行われます。

最後にまた「OK」を押して、正常に以前の業務用のデータが表示されていれば、ファイルの復旧に成功です。

ソリマチのデータバンクにバックアップする

ほかにも販売王のソフトウェアでは、ソリマチ安心データバンクという、
クラウドストレージのサービスを使用して、取り扱っている管理データのバックアップを、
オンライン上に作成されたディレクトリにも保存することができます。

まず販売王のソフトウェアの画面を開いて、「ファイル」のタブにある「環境設定」を開きます。

「設定」のタブで、「バックアップデータを、「ソリマチ安心データバンク」にも保存する」にチェックを入れます。

そして、「設定」のボタンを入力します。

最後に仕事でデータを開いてからだいぶ時間が経った後で、また使う機会が出た時に、
どこにファイルを保管していたか忘れて紛失してしまった、という際に、クラウドから引き出すのにも便利です。

また、販売王の製品サポートなども参考までに。

ほか、「終了時にデータを保存する」の項目で、
「自動で保存する」にチェックを入れて、定期的に数日分のデータを保存する設定を行うこともできます。

販売王で作成した拡張子を失った時に修復するには?

次に、販売王のソフトウェアで作成した、「.sal20」といった業務用の拡張子を、
間違えてWindowsのファイルマネージャーのエクスプローラーといった場所から、
削除してしまった場合に後から修復をする方法について。

まず、「.sal20」などのファイルを誤って削除した時は、
オペレーティングシシテムの、ゴミ箱(trash box)のフォルダーに移行されていないかどうかをお確かめください。

ゴミ箱の方に、販売王で取り扱っていた必要な対象の業務用の管理データがまだありましたら、
そちらを選択して、右クリックで「元に戻す」と入力すれば、以前のフォルダーの位置に復元できます。

ほか、データ入力ソフトウェアでデータベースを作成する方法については、こちらのページにて。

または、Windowsのファイル履歴や、macOSのTime Machineといった機能でバックアップされた分から、
販売王のデータを修復できるかどうか、チェックされてみてください。

すでにファイルがどこにも見当たらなくなっていた場合でも、また市販のデータ復元ソフトを購入して、
ハードディスクやSSDに残っている拡張子の痕跡データを検出して、修復ができる見込みもあります。

データ復旧サービスセンターで拡張子を復活させてもらう

しかし、一度削除して表示が消えたファイルを、一般の個人で修復ができる方法には限度もあります。

たとえばデータ復元ソフトでのストレージのドライブスキャンで、目当てのファイルが検出できなかったり、
一部のテキストや画像が破損して、正常に表示されていない状態で拡張子が修復されるケースもあります。

なるべく確実に、失った販売王の業務用データのレスキューの措置を行ってもらいたい、という際には、
専門事業のデータ復旧サービスセンターに注文をして、対象のファイルが保存されていたハードディスクやSSDを、
郵送か持ち込みで提出して、拡張子のリカバリーの作業を行ってもらわれることをおすすめします。