外付けハードディスクのデータは復旧可能?

パソコンに内蔵されている通常のハードディスクドライブとは別の、外部のHDDケースにセットして、
外からコードで接続して使用している、外付けタイプのハードディスクドライブを使っている際、
思わぬアクシデントでデータを失った場合には、後から復旧することは可能?という疑問について。

保存したデータを誤って消去してしまうトラブルの例

・USB接続をして書き込みや読み出しをする時に、データファイルを誤って一気に削除してしまった。

・パソコンからのバックアップの際に、上書き保存で前の違うファイルを消してしまった。

・外付けハードディスクやNASのボリュームを、間違えてフォーマット(初期化)してしまった。

・床や地面に落としたり強い衝撃を与えてしまい、機材が物理的に壊れて読み込みできなくなった。

・HDD(hard disk drive)にヘッドクラッシュなどの障害が発生して、異音が鳴り始めて開けなくなった。

こういったトラブルが起こり、中身のファイルやプログラムを読み出せなくなった場合には、
パソコンに内蔵されていない外付けHDDでも、データの復旧を行うことができます。




ポータブルHDDのファイルを復元するには?

まず、外部からの接続タイプのポータブルハードディスクドライブも、
もちろん内蔵のHDDやリムーバブルハードディスクと同じく、データの復旧は可能です。

間違ってドライブ装置からファイルを消しただけのアクシデントは、論理障害というトラブルの部類に入ります。

消えた直後の間もない状態でしたら、まだ画面の視覚上ではファイルが消えていても、
セクタ(クラスタ)の部分には、データの痕跡が残っています。

誤った削除やフォーマットで抹消してしまっても、おすすめの製品としまして、完全復元といった、
専用のデータ復元ソフトウェアをインストールするかDVDブートからの起動によって、
ソフトの機能の手順に従って、外付けHDDをスキャンして読み出すことが出来ます。

または、プロのデータ復旧のサービスセンターにて外付けハードディスクを提出して、
失った拡張子を修復してもらうことができます。




検出したデータを別の補助記憶装置へ保存する

そして、別の外付けHDDやポータブルSSD、RAIDケース、ネットワークドライブなどにファイルを保存します。

または、DVD-RやBD-Rも、ある程度長い期間でのデータの保存に向いているストレージです。

元に戻したいファイルが外付けHDDから検出できましたら、フォルダーを指定して、
その場所へファイルの保存を実行して、復元の作業は完了です。

パソコンに内蔵されたHDDと違い、一部のツールやシステムは非対応なこともありますので
ソフトウェアの購入・保存の前に仕様を必ずご確認ください。

外付けHDDの中身の回路が故障している場合は?

次に、外付けHDDのケース(外部のカバーにあたるカートリッジ)のみが破損している場合に、
内部のデータファイルへのアクセスの状態を復旧することも可能?という疑問について。

まず、表面に固定ネジが付いていて分解が簡単なケースであれば、ドライバーでネジを外して、
内部のハードディスクを取り出しして、パソコンに増設するなどで読み出しすることもできます。

また、ポータブルハードディスクのデータを修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

しかし、ハードディスクの本体がヘッドクラッシュや衝撃で物理的に壊れている時は、
一般の個人では、装置の故障で肝心のパソコンからの読み込みができません。

こういった場合、自分で分解などをしてしまうとほぼ間違いなく、
外付けHDDは完全に壊れて、データがさらに読み取れなくなってしまいますのでご注意ください。

また例として、FICT株式会社様の、データ復旧サービスの解説も参考までに。

内部のプラッタに保存されたデータファイル自体は、損傷がなく無事な可能性が高いです。

データ復旧サービスでリカバリーしてもらう

一度 物理的に壊れた外付けハードディスク自体は、ほぼ直せないのですが、
専門で営業されていますデータ復旧サービスセンターの方で、専門の設備にて内部を分解してもらい、
無事なデータを抽出して、他のデータ記憶装置に移し変えてもらうことが出来ます。

物理的に故障した外付けハードディスクのデータは、専門サービスでのみ復元できますので、
必ず事業の方へ注文をして、HDDからのファイルのリカバリーの作業を行ってもらいましょう。