HDDの空き容量がなくなり障害が起きた時に復旧するには?

パソコンや外付けHDDケース、RAIDケース、NAS、サーバといった多くの電子機器に搭載されている
ハードディスクドライブを日々使用している際に、新しいユーティティーのインストールや
新規作成したファイルの保存といった作業で、各パーティション(ボリューム)の空き容量の部分は
次第に埋まって減っていきます。

そして空き容量がほとんどなくなった頃に、動作の遅延といった読み込み障害が発生した場合、
どのようにすれば元の状態に復旧できる?という疑問について。

まず、HDDが古い製品で、全容量が20GBくらいだと、今はあっという間に満杯になってしまいますので、
購入時に容量の出来るだけ大きいHDDにして交換、または注文されることをおすすめします。

なるべくであれば、常にストレージの空き容量の部分が半分以上残っているのが適切です。

残り容量のチェックはたとえばWindowsの場合は、『PC(マイ コンピューター)』にある
ローカルディスク(C:)』のアイコンを右クリックすることでチェックできます。

多くの場合は、不要なファイルを削除していくことで読み込み速度を復旧できます。

ローカルディスク内の残り容量が埋まってしまうと、パソコンの動作が重くなり、
作業が遅くなってしまったり、またプリンターの一時書込みのキャッシュが不足して
動作が効かなくなる、など、コンピューターの一部の機能がスムーズに働かなくなってしまいます。

またDVDなどの視聴の際にムービーが急に止まってしまったり、
コンピューターウイルス検索などハードウェア動作の重くなるような作業を行っている最中に
フリーズが起こってパソコンごと作業が止まってしまったり、
作業中のデータが壊れてしまうといった大変なエラーが出てしまうおそれもあります。




ボリュームの負担の削減

パソコンは基本的に、容量を軽くした方がスムーズに動きますので、あまり一台のHDDの内部に
ファイルを詰め込み過ぎずに、増設したハードディスクに、あるいは外付けHDDや外付けRAI_D、
NAS、DVD-Rといった外部のデータ記憶装置に移し替えをされてみてください。

また、定期的にローカルディスクの空き部分もチェックされてみることをおすすめします。

RAID

すでに空き領域がほとんどなくなり、パソコンの動作が非常に重い場合は、
すぐにポータブルハードディスクなどのUSB機器を接続して、データの移し変えを行い、
空いた部分のスペースを増やしていきましょう。

またその後で更に、ディスククリーンアップやディスクデフラグツールで
Cドライブ全体を整理されると、なお良いです。

もしハードディスクに深刻な障害が出て読み込みができなくなった時は、作業を中断して電源を切り、
専門のパソコンサポート店、またはデータ復旧サービス業務店にて診てもらわれることをおすすめします。



『「ハードディスクドライブの救出」のカテゴリーの前後のページ』

«

»