ホスティングサーバから失ったデータは復旧できる?

ネットワークを通して複数のユーザーが使用する「ホスティングサーバ」
(hostingserver/またはレンタルサーバ、ウェブサーバ)のファイルマネージャーといった
ディレクトリにデータファイルを保存していた際、誤ってフォルダーから削除したり、
サービスの終了などでデータを失ったら、後で復旧することはできる?という疑問について。

ゴミ箱ツールにファイルが移行しているかを確認

まず、ホスティングサーバのWEBサービスから提供されています機能の中で、誤ってフォルダーから必要なファイルを
消去してしまった、という場合は、そのサービスに「ゴミ箱」のツールが設置されているかどうかを確認します。

たとえばメールサーバの場合は、インターネットに契約したプロバイダの提供するウェブメールと同じく、
アカウントの取得で使える電子メールのWEBサービスでも、ゴミ箱のフォルダーが設置されています。

なお、通常の受信箱ではなく「迷惑メール」や「その他」のフォルダーに受信メールが届いている場合があり、
またゴミ箱フォルダーのメールのサービスでは、30日ほど経つと自動的に削除される仕様であるため、
チェックもれがないようにご注意ください。




消えた電子メールのファイルは元に戻る?

必要なメールをもし失ったら、WEB上の機能であるため、通常ではパソコンのユーティリティーの機能の方では、
消えたデータを元に戻すことができません。

ですが、もう一度送信元のWEBサービスの機能を使って再発行の措置をして復旧したり、
メールや電話での問い合わせをして、再送信を頼んでみる、という方法もあります。

それでも、基本的には、一度ウェブ上でメールを完全に消去すると、元には戻せなくなるので、
受信箱や送信箱にあるファイルの取り扱いの際には十分にご注意ください。

個人で所有するホスティングサーバのデータは復旧できる?

他社の方管理されているサイバースペース上のデータではなく、
自宅または自社に置かれているホスティングサーバ(Hosting server)のハードディスクドライブに保存された、、
ファイルマネージャーから間違えて必要なデータを削除したり、データベースのディレクトリに
アクセスができなくなった時には、まだ適切な措置で復旧できる見込みもあります。

個人、あるいは自社内で所有されているサーバやHDDであれば、
専門のデータ復旧サポートセンターに送付して、消えたファイルを復元してもらうこともできます。




なくなったファイルを回収する方法とは?

ホスティングサーバで管理するFTPファイルマネージャーに保管していたデータファイルを誤って削除したり
上書きしてしまった場合も、ゴミ箱の機能がなければ、一度消えたファイル自体は通常、修復することはできません。

アカウントの一時的な停止などの場合でしたら、サービスのサポートにある
お問い合わせ先に連絡をしてみることで、復旧の措置をしてもらえる場合があります。

また、いつの間にかサービスが終了してしまった場合でも、一か月くらいの間で
まだログイン/サインインが可能な場合もあり、その間にデータを回収できる見込みもあります。

前に使っていた別のホスティングサーバにアップロードしていたファイルなど、
どこか別のサービスに同じデータが一部残っている、ということもよくありますので、
それらのサービスを開き直してみると、部分的に一部のデータが復旧できることもあります。

また、WEBレンタルサーバー上で消えたデータは元に戻せる?という疑問については、こちらのページにて。

インポート・エクスポートでバックアップと復元

インポート(Import)・エクスポート(Export)の機能があるウェブサービスでしたら、
まずエクスポートの機能を使って、事前にデータを一括でバックアップしておくと、
後に問題が起きてファイルが消えた場合でも、後でインポートによって一括で、
ホスティングサーバのサービス上のサイバースペース(Cyberspace)に保管されていたデータを復旧することができます。

また、パソコンのフォルダーやクラウドサービス、そちらのゴミ箱フォルダーなどにも、
同じデータがまだ残っているかどうかを、確認されてみてください。

NASやファイルサーバから削除した拡張子を修復するには?

NASやファイルサーバから誤ってファイルを削除してしまったら、ひとまずはゴミ箱の機能を開いてみます。

ゴミ箱フォルダーにもなかった場合、個人でサルベージを行うには、市販のデータ復元ソフトが必要になります。

ですがNASのハードディスクドライブは多くの場合、XFSといった特殊なファイルシステムでフォーマットされています。

そのためハードディスクを抜き出してパソコンにつなげて開く場合、「復旧天使」といった
特殊なユーティリティーを使用しなければ、デバイスが読み込みができません。

NAS(ネットワークドライブ)や社内サーバといった高度な電子機器も、一家または自社内で
管理・運用されているサーバでしたら、上記のように専門のデータリカバリーサービスの事業に提出をして、
サルベージの作業をしてもらう方で、より確実に、失ったファイルを復旧できる見込みもあります。

また、多くの場合はHDDの多重化によるRAID機能が使われていて、個人での読み込みは
さらに難しくなるため、やはりサーバを取り扱われているプロのデータ復旧サービスに、
NASや社内サーバを見てもらって復元の措置をしてもらわれることを推奨します。