データ復旧代金の相場が各会社で違う理由とは?

パソコンでの作業中にデータ・エラー(data error)による異常が発生してファイルが破損し、アプリケーションソフトからが読み込めなくなった場合について。

またハードディスクドライブがヘッド障害で故障して開けなくなるトラブルなど、重い物理障害や論理障害が出た場合は、専門のデータ復旧サービス店にてリカバリーや分解による修復をしてもらわなければ、ほぼ直りません。

データ復旧作業のご注文にかかる代金には、故障した状態や各会社おきの違いによって結構な幅で違い、相場が一定的ではない、という点もあります。

容量によってのデータ復元の料金の違い

まず、ファイルを修復する難易度と諸経費が破損のパターンによって違うのが一つの相場の違いの要因ですね。

一例として、数十GB~数TBと最大容量が大きいHDDやSSDよりも、普通のUSBフラッシュメモリやDVD-RW、CD-RW、MO、FD、microSDカードといった小型で容量の低いデータ記憶メディアは基本的に値段が安いです。

間違えて必要なファイルをしてしまったり、うっかりメディアを再フォーマットしてしまい、間もない状態の論理障害でしたら物理的な機材の損壊によるデータ損失の時よりも代金は安くなります。

コンピューターに組み込んでいるOSやライティングソフトウェアのバージョンやサービスパックによってもシステム復旧で対応できるサービスの度合いや値段が違ってくる場合もあります。




システム的な修復の場合

データ記録媒体に保存できる情報量:記録密度(recording density)のBPIの単位が高い装置はデータの復元費用も高額になっていきます。

また単に正常なハードディスクに移転をするだけか、またはシステムファイルから再構築したりディスクイメージバックアップでOSごとバックアップしてコピーを行う処理でしたら料金も安いです。

ですが、故障したハードディスクを分解して内部からデータを取り出してもらう時は専門技術を習得した実績のあるスタッフや、クリーン・ルームの設備が揃えられた本格的な専門業者に依頼をする必要があるため、高い金額設定になります。

東京都や横浜市、千葉市、さいたま市、大阪府、名古屋市、札幌市、仙台市、福岡市といった大都市圏に店頭・本社をおかれている企業と、各地域の地方にオフィスを置かれている企業でもやはり土地の値段などで料金が違う面もあります。

※各エントリーの記事ページに記載をさせて頂いています、各業者様の概要は、時間の経過により変更になる場合があり、あらゆる状況や時期に想定された絶対性を保証するものではありません。事前にご理解の程を、よろしくお願い申し上げます。

相場の変動が大きい最も要因は、やはりまだデータ復旧業界自体の歴史が長くは無く、世間的な認知度もパソコン修理やシステム設定サービスと比べてまだまだ低い、という点が大きい、とも言われています。

自宅、自社の付近に数箇所のデータ復旧サポート店がありましたら、その機材や消去ファイルの破損状態を修復できるコースの代金を目視で各事業の比較をされてみるのも良いかと思います。

電話やインターネットから注文して、郵送で遠距離の受け付けのセンターに記録装置を送付して、データの復旧してもらうのも良いでしょう。