iPad(アイパッド)が正常に開かない時に修理するには?

Appleから発売されているタブレットコンピューター(Tablet computer)のiPad(アイパッド)で、
急にiOSのホーム(デスクトップ)の画面が、正常に開かないトラブルが発生して使用できない時に、
故障の状態を修理して、データファイルやアプリを開き直すにはどのように対処をすればいい?という疑問について。

iPadのシステムの設定をし直すには?

まず、iPodの頃の第1世代の発売された直後では、新品での液晶ディスプレイにキズがついたり割れることが多かったり、
また充電式電池が破損するなどの不良のトラブルが相次いでしまった時期もあったのですが、
現在のiPadなどの機種では大分改善されています。

最近の問題の事例としまして、たとえばある時、言語がまったくわからないものになってしまった場合の直し方の手順について。

現在表示されている言語が、日本語以外の語になってしまったら、メインメニューでオプションの上にある、
設定⇒センターボタンを押す⇒「Reset All Settings」で日本語の『言語』を選択します。

場合によっては一度、正常にホームが開かない状態のアイパッドのリセットを行う必要もあります。

iPadのようにケースの開かない小型の電子機器は、一般の個人で故障を直すのは難しく、
基本的に、物理的に回路が破損したと思われる場合には、Appleサポートか、
またはAppleの製品を取り扱われたパソコン修理サービスなどの店舗でリカバリーを行ってもらうことを推奨します。




アイパッドのバッテリーが破損した時に交換してもらう

次に、iPadで普段は純正でない充電器を使っていて、時々曲が滑ったり固まることがある場合の対処法について。

まず、電源を落としたり、PCにつないだりすると動くようになる可能性があります。

ですが、ある時にアイパッドがまったく反応しなくなり、ボタンの長押しをしても付かず、
iTunesにも認識されない、という場合は、完全に壊れているおそれもあります。

iPadの電源がどうやっても付かないと、物理的に故障している可能性が非常に高いです。

または純正でない充電器のために、バッテリーが傷んだ可能性もあります。

修理に出して直してもらい、その後は専用カバーケースに入れて所持する、
などの対策をされてみることをおすすめします。

「アクティベーションが必要です」と出て画面が開けない時は?

次に、iPadの画面上で「アクティベーションが必要です」と表示されて、
画面がそこから先に進まず、タップも一部効かなくなって開けない時の対処について。

まず、電源ボタンをホームボタンを同時に長押しして、一度電源を閉じてみてください。

アイパッドを再度起動しても操作が正常にできずに進まない時は、
付属のUSBケーブルでパソコンと同期して、iTunesから繋いでみてください。

同期接続したiTunesの操作で、iOSのアップデートや復元、icloudの設定などを試してください。

もう一度iPadの画面を開いて、「アクティベーションが必要です」の項目をタップすると、
今度は次の操作に進めることがあります。

そして、Wi-Fiでのインターネット接続やApple IDへのサインインをし直して、
正常にホームの画面が開ければ、復旧に成功です。

iOSをリセットして修復する方法とは?

次に、アイパッドを使用していて今までは特に問題はなかったものの、
いつからかバックライトが常にオンになったままになってしまった、という場合の対処法について。

まずは、一般設定でバックライトの秒数を直してみます。

それでもオンになったまま付いている状態では、iPadのシステム障害か、
バックライトのどちらに不具合があるかになります。

ひとまず、「リセット」ができましたら、そちらを行ってみてください。

iPadの内部のバックライトなどの部品の方で、物理的に問題が出ている場合は、
落としたりぶつけたりした影響で正常に開かない可能性もあります。

中身を開けて液晶モニターの画面付近の様子を見るのは、一般ユーザーの方には難易度も高いので、
やはりiPadの修理サービスへ問い合わせて、修理に出されてみるのが安全で確実です。

iTunesへの同期ができない時に接続し直すには?

次に、さっきまでiPadが動いていたところ、パソコンに繋いだら、
「接続されています。」と表示されて動かない、という場合に、ついて。

まず、パソコンをお持ちでしたら、デジタルオーディオプレイヤーのiPodや、
スマートフォンのiPhone、またスレートPCであるiPadの総合管理ソフトウェアである、
「iTunes」(アイチューンズ)を、インターネットからインストールします。

その後に、iPadの製品に付属してあるUSBコードを付けてパソコンに繋げて同期します。

しばらく待ってみると同期が完了しますので、iTunesや取扱説明書のマニュアルに沿って、
問題の原因を直す手順を探して、修復の仕方をチェックされてみてください。

ホールドができる時にアイパッドを復元するには?

次に、たまにiPadが反応するもののほとんど動かなくなってしまい、
正常に開かないもののホールド自体はできる、という場合に修理を試みる手順について。

まず一度、スリープ・スリープ解除ボタンをAppleのロゴマークが表示されるまで、8秒間ほど押し続けます。

そして、リセットをして無反応状態を解除してみると、アイパッドが直る見込みがあります。

または、iTunesでパソコンと同期してみるとiPadが反応するかどうか、確かめてみてください。

また、タブレットコンピューターから削除したデータファイルは復元できる?という疑問については、こちらのページにて。

ほかに、iPadを充電してもすぐに電池がなくなってしまうようになった場合に直す方法について。

まず、Appleストアか、タブレット端末を取り扱われたコンピューターの修理サービス店に持って行くか、
宅配便で郵送して、中のバッテリーを新品に交換してもらう、といった方法で、
iPadを直してもらえるよう、お問い合わせをされてみることをおすすめします。

iPadが故障した時に修理サービスに出してみる

次に、Apple社より生産・販売されていますタブレット端末「iPad」 (アイパッド)で、
データの保存中にエラーが起きてシステムに異変が起きたり、突然iPadの電源が付かなくなった場合に、
修理はできる?という疑問について。

まず、うっかり強くぶつけてしまったり、床に落としてしまう、または踏み付けてしまい、
ケースや本体、モニターが割れてしまった、また水の中に落としてしまったり飲み物をかけた場合に、
急に動かなくなってしまった時は、修理または買い替えをしなければならないこともあります。

いずれにしましても、基本的にはiPadのサポートやAppleのサポートにて、
トラブルシューティングに関する対処の方法や修理に関する案内をチェックされてみてください。

または、お電話によりお問い合わせをされてみることをお薦めします。

iPadの破損やエラーを修復する際でしたら、大体はAppleサポートへの依頼が良いでしょう。

購入された日より1年間の間はそのままアイパッドの交換や修理が受けられます。

注意点としましては、iPadの修理に費用やお預かり期間が掛かることもあり、
また破損の状態によっては、新しく買い換えた方が安く済む可能性もあります。

iPadに保存されたデータをリカバリーするには?

しかしながら、アイパッドの内部に残っているデータの回収や、
バックアップによるファイルの取り出しと保管のサービスは行われていません。

修理の前に、まだフラッシュメモリが正常に読み込みできる状態でしたら、バックアップを取るか、
または液晶ディスプレイのみが損壊している、といった場合は、専門のデータ復旧サービスへ、
別途の依頼を行って、保存したファイルをリカバリーしてもらわれることもおすすめします。