iPhoneの保存データをバックアップから復旧するには?

Appleで開発・発売されているスマートフォン(多機能型携帯電話)である、
iPhone(アイフォン)に搭載されている、フラッシュメモリに保存された個人用のデータを失った時に、
バックアップした分から復旧をするにはどうすればいい?という疑問について。

iPhoneに書き込まれた個人用データをバックアップ

まず、iPhone(アイフォン)とはアメリカ合衆国の大手企業である、
Apple Inc(インコーポレイテッド)から発売されている、iOSが搭載されたスマートフォン型の携帯電話端末です。

アイフォーンといったスマートフォンには、電話番号の連絡先や着信履歴だけでなく、
デジタルカメラ機能で撮影した写真画像や動画のファイル、ネットのお気に入り、
また電子メールの受信・送信メッセージや、アドレス帳、着メロ、着うた、音楽、
ほかダウンロードしたフォルダーなど、無数のデーターが保存されています。

そのため、もしiPhoneのオペレーティングシステムであるiOSがエラーで障害を起こしてしまったり、
硬い地面や床に落としてしまったり、不意に水濡れしたり、水の中に水没させたりして壊してしまうと、
内部のファイルが開けなくなるトラブルが出るおそれがあります。

そのような事態に備えて、iPhoneの端末に保存されている重要な個人用のデータはすべて、
パソコンや外付けHDD、RAID、NAS、クラウドといった場所にバックアップして、
いつでもデータ復旧の措置ができるようにすることも大切です。




パソコンにアイフォンを同期してiTunesで読み込む

まず、iPhoneも今までに登場した携帯オーディオプレーヤーのiPodシリーズや、
タブレットコンピューターのiPadと同じく、PCにダウンロードしてセットアップした管理ソフトウェアの、
iTunes(アイ・チューンズ)で同期させて、主要なファイルのコピーを取ってバックアップする方法が使えます。

また、MacやWindowsのパソコンにアイフォンをUSB接続して同期した後は、
ファイルブラウザーのFinderやエクスプローラーからも、一部の保存されたデータを開くことができます。

同名のファイルで上書き保存をしないように注意

次に、iPhoneのように最新の機種でiTunes(アイチューンズ)を使用していくには、
定期的にソフトウェアのバージョンアップも行う必要があります。

また、それまでに以前の多機能型携帯電話のiPhoneや、
タブレット端末のiPad、またはオーディオプレーヤーのiPodを使用していた場合は、
操作を間違えてiTunesから逆に、iPhoneなどの内部にPCの違う保管データを、
同期の最中に上書き保存してしまわないようにご注意ください。

念のために、iTunesでバックアップしたデーターを、
更にUSBの外付けハードディスクやRAIDケース、DVD-Rなどにもコピーしておかれると、より安全です。

ほか、iPhoneのサポートなども参考までに。

iOSの不具合や故障に備えて必要なデータをバックアップ

次に、アイフォンのiOSが不具合を起こして正常に開けなくなった場合に、修復をする手順について。

まず、iTunesからマニュアルに従い操作をして、OS自体を復元することは出来たとしても、
リセットをすると、それまでiPhoneに溜めておいたすべてのデータファイルが初期化されて消えてしまいます。

そのため、トラブルに備えて、やはり定期的に同期してバックアップを行いましょう。

また、iPhoneのデータをiTunesでバックアップする方法については、こちらのページにて。

スマートフォンから失ったデータを復旧するには?

iPhoneに重度の不具合が起きてしまった時には、すぐにAppleサポートにて状態を見てもらいましょう。

iOSの初期化を行うしかない場合には、先に壊れたiPhoneを、専門で運営されています、
データ復旧サービスセンターの方に出して、中身の大事なファイルを抽出してもらわれることをお薦めします。

現在のところ、iPhoneの本体が完全に故障した時は、内部のファイルの取り出しはほぼできないため、
上記と同じく、事前にiTunesや手動の操作で、でデータをバックアップすることが重要になります。

パソコンをお持ちでない時には、iCloud Driveでのデータのバックアップを行われることも推奨します。