Xperia(エクスペリア)のデータを復元するには?

SONY(ソニー)から開発・販売されています、Xperia(エクスぺリア)を使用している際に、
誤って必要なファイルを削除してしまったり、スマートフォン(Cell phone)に不具合が起きて、
保管されたデータが読み込みできなくなったら、どのようにすれば復元することができる?という疑問について。

エクスペリアに保存されたファイルのバックアップ

まず、いつかXperiaがシステムの不具合を起こして動かなくなったり、
製品の寿命や強い衝撃などの影響で壊れてしまう事態に備えて、
写真画像やEメール、住所録といった重要なデータのバックアップを時々、外付けハードディスクや
RAIDケース、NAS、DVD-R、個人サーバなどの装置に、いつでも復旧できるように取っておくことも大切です。

電話番号の登録や住所、メールアドレスなどはメモ帳に書き写すことでも代用できます。

ですが、デジタル上で一括で簡単にコピーするには、同梱されているmicroSDHCメモリカードなどに移して、
そこからまたパソコンにファイルを移行して、Xperiaのデータを保存されておかれることもお薦めします。




microSDメモリーカードにデータを保存する

次に、Xperiaの本体に保管されたデータをmicroSDHCメモリカードやSDXCカードにコピーする際には、
『バックアップと復元』でリストアをしてみましょう。

まずはバックアップの項目を選んで、新規追加でファイルの名前を決めます。

次にシステム設定・ブックマーク・メッセージ・通話履歴・連絡先の項目にチェックを入れて、
「続行」のボタンを押すことで、エクスペリアでのデータのバックアップの作業が始まります。

そして最後に「バックアップが完了しました」とメッセージが出ればOKです。

また、Android (アンドロイド)のデータを復元する方法については、こちらのページにて。

そして、後に別の機種のスマートフォンや、修理をしたモバイル端末に、
バックアップの分からインポートの機能や手動でデータを取り込みして復元することができます。

バックアップしていたファイルをモバイル端末に移すには?

次に、エクスペリアのOSを初期化したり、故障して買い換える場合になったら、
このバックアップしたデータを入れたSDカードを後で差し込みます。

今度は『復元』の項目を選んで手順を進めていくことで、
モバイル端末が故障してSDカードや内蔵フラッシュメモリに保存されたデータが開けなくなった時などの、
何かのトラブルによってファイルを失った時に、データを移し直す形でリカバリーすることができます。

ダウンロードしたデータを保存する場合は、やはり外付けHDDやネットワークアタッチストレージ、
またはクラウドなどのパソコンの外部の補助記憶装置を用いて、復元がしやすいようにコピーします。

ほか、Xperia(エクスペリア)のサポートでの事例も参考までに。

スマートフォンのXperiaで使用するデータと機能とは?

次に、Xperia TM(エクスペリア)とは、
NTTドコモといった電話会社で契約ができるスマートフォン(多機能型携帯電話)で、
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズにより開発された機種です。

搭載されているOSは、XPERIA X1が「Windows Mobile 6.1」で、
Xperia X10 Mini Proが「Android 1.6」(アンドロイド)など。

Apple社(Apple)のiPhoneと同じく、Xperiaもミュージックや動画を視聴できたり、
写真画像の撮影やインターネットのコミュニケーションなど多くの機能が使えます。

NTT docomoのXpediaはスマートフォンであるため、普通の携帯電話で使えるサービスが一部使えない、
という場合もあるのですが、Androidの機能が使用できたりと便利なものが多数備わっています。

しかし一方でモバイルパソコンと同じく、エクスペリアで取り扱うデータの量も使えば使うほど、
通常のケータイ以上に蓄積されていくため、時には膨大なデーターを保存することにもなります。

データ復旧サービスでファイルの取り出しをしてもらう

しかし、バックアップを取っていなかった場合に、Xperia TMが壊れてしまった時は、
そのままでは内部のデータが開けなくなってしまいます。

Xperiaの修理サポートやケータイショップで、内部データの回収が可能かどうかを見てもらいましょう。

または専門のデータ復旧サービスセンターにお問い合わせをして、
ファイルの復元や取り出しを注文できるかどうか、お問い合わせをされてみることを推奨します。