自作パソコンのトラブルでパーツやHDDが破損した時の修理

自作パソコンの組み立てや実際の使用、調整は物理的、論理的にもやってみると非常に奥深いものです。

自分自身での組み立て作業の実践による技術や知識の習得はかなりのものですし、普段使っているパソコンの内部構造などが大変よくわかります。

安全かつ確実に組み立てて使いこなすにはそれなりに深い予備知識も必要です。

故障のトラブルの対策

一方でトラブルが起こりやすいことと、意外にも結果的に市販のパソコンを買うよりも出費が大きくなりやすい、というデメリットもあります。

パーツそのものは一年~三年あたりの保証をつけることができます。

しかし組み立てて完成させたパソコンそのものには市販のパソコンと違ってメーカーからの修理保障が付かない、ということです。

原因がよくわからずに故障してしまったら、修理に出す時に通常の市販で保証期間のあるパソコンよりも修理費用がかさみがちです。

なお、ハードディスクの内部のファイルを損失してしまった時にデータ復旧サービスに注文をされる際には、それほど関係はなくなるのですが、PCの構造によってはメーカー製とで多少の差が出てくる可能性もあります。




部品の換装

BTO製パソコンは修理に出すことで直ることも多いので、1年(3~5年)保証の期間内であれば、いざという時にはぜひ購入メーカーに預かってもらうことをお薦めします。

メモリやCPU、ハードディスクドライブなど、交換が容易なパーツに問題が起きた時は、自身で性能の良い新品を購入して換装をされてみる直し方も大変良いですね。

ハードディスクなどのパーツは、物理的に回路が破損するとそれ自体を修理するのは難しくなるため、主に新しいパーツへの換装という形で修理していきます。

マウスやキーボード、スピーカーが壊れた場合も、別の製品を購入して交換することで直せます。

コンピューター機器の修理と買い替え、どちらが良いか判断する境界線を決めるのもやはり時として重要な要素です。

細かい部品の交換から、大規模な換装作業、エラーの回復、OSの再インストールまで、私設のパソコン修理サービスではあらゆる工程の代行作業を引き受けてもらえます。

やはりPCの修理やデータ復旧の際での予算を組み立て前での段階から綿密に計算しておくことも大切です。

交通事故や災害などに遭われてしまった場合、保険会社の対物補償のサービスのプランに加入されていれば、失った機器の分の損失を一部、保険金によって補填してもらえる見込みもあります。

契約の内容によって、複雑に絡み合うような設定となる場合もあるため、出来る限り詳しく、保険会社での各種の契約内容について知っておくことで、トラブルの回避にも繋がります。

データ復旧サービスでは保証書の付いていない自作パソコン内のファイルの復元にももちろん対応されています。

なお、自作パソコンでも、ハードディスクドライブが物理的に破損すると、精密機器のためそれ自体は個人で修理することはできません。

もし内蔵のHDDが破損して読み込みできなくなった時は、物理障害に対応されていますデータ復旧サービスに問い合わせて、ラボによる分解と抽出の作業を行ってもらわれることをおすすめします。