Mac OS Xをインストールディスクで復元するには?

Mac OS Xは、Apple社のMacintoshのPCに搭載されている
専用のオペレーティング・システムです。

Mac OS X v10.4 Tiger以降の後継バージョンであるOS、
・Mac OS X v10.5 Leopard (バージョン10.5 レパード)、
・Mac OS X v10.6 Snow Leopard (スノーレパード)、
・Mac OS X v10.7 Lion (ライオン)~には、

専用バックアップソフトウェアのTime Machine(タイムマシン)が搭載されています。

この機能を用いる事で、拡張子ファイルやフォルダのみならず、Leopardといった
OSのシステムを丸ごとバックアップして保管し、後にコンピューターの障害が
発生した時に、それを復帰させる事も可能になります。

そのためにはまず、Mac OS Xの『インストールディスク』(Install disc)を
用意して、まずパソコンの内蔵/外付けのCD/DVDドライブに、
このインストールディスクのCDを挿入して起動します。

言語は日本語に設定して、次にデスクトップ画面上部の項目バーにある
[ユーティリティー]メニューにカーソルを合わせて、その中の
一番下にある『バックアップからシステムを復元』を押して開きます。




バックアップの選択画面

次に確認画面の『続ける』のボタンを押して進み、『バックアップの選択』の画面が開くと、
ここにバックアップされた日時と、Mac OS Xのバージョンの一覧リストが表示されます。

この中から以前の状態に復元したい日時とバージョンの項目を選択して『続ける』のボタンを押します。

次に[インストール先の選択]という項目で、システムを修復するディスク(HDD)を
選択して、『復元』のボタンを押します。
最後に確認の『続ける』ボタンを押して、復旧作業が進み、以前の状態に戻ります。

注意として、この時それまでのデータの状態は全て、以前のバックアップ日時の時のものに
書き換えられて消去されますので、それまでのデータが本当に必要ないものであるかどうか、
なるべく先に確認をしてから実行して下さい。

また、インストールディスクでこの機能を使うには、事前にTimeMachineのソフトウェアで、
定期的にコンピューターのバックアップデータを自動的に作成するように設定している必要があります。

もしもタイムマシンでの保存設定ができていなくてデータが残ってなかった場合は
Macのパソコンに内蔵されているハードディスクドライブまたはSSDを引き出すか、
本体ごと専門のデータ復旧サービス店に出して、修復作業を行ってもらいましょう。



『「Macintosh」のカテゴリーの前後のページ』

«

»