Macパソコンのメールデータを復元するには?

Apple Inc.から開発・販売されています、Macintoshパソコンのオペレーティングシステムである、
macOS(Mac OS X)』に、標準のユーティリティーで搭載されています、
電子メールクライアントの『メール』(Apple Mail)を使用している際に、
間違えて必要な受信・送信メールを削除した時は、どうすればデータの復元ができる?という疑問について。

Apple Mailのゴミ箱のボックスからメールを元に戻す

まず基本としまして、Macパソコンの「Apple Mail」(メール)のソフトウェアにあるフォルダーの、
『ゴミ箱』(RecycleBin)のボックスを開きます。

そちらのディレクトリに、前に間違えて削除していた電子メールのデータが移動されていたら、
そちらを選択して、元に戻す手順を実行してください。

移行されていた必要なメールを開いて中身を確認してから、受信箱などに移し替えるか、
テキストをメモ帳などにコピーして、外付けハードディスクといった場所にバックアップを取ります。

また、macOSのFinder(マイファイル)の画面上で、外部から読み出しをしたUSBメモリーやSDメモリーカードの、
内部のデータを削除した時も、デスクトップのゴミ箱のアイコンの中に、一度データが移行します。

この時点で、ゴミ箱からすでにファイルが消えていて、だいぶ時間が経っていた時は、
専門のデータ復元のサービスセンターに出して、復旧の措置をしてもらわれることを推奨します。




Time Machine(タイムマシン)のバックアップ画面を開く

次に、AppleのMacのデスクトップパソコンまたはノートパソコンの、
メールのゴミ箱の方にも残っていなかった場合に、復元を行う手順について。

まず、メールのウィンドウを一番上で開いたままの状態で、Duckの「Launchpad」を開きます。

次に、「その他」の中の、「Time Machine」(タイムマシン)の画面を開きます。

「”復元”をクリックして、メールボックス”修復されたメッセージ”を修復します」
と書かれた、複数枚が重なったウィンドウの表示に切り替わります。

間違えて削除した下書きや送信・受信メールのデータを修復する

次に、後方のウィンドウを選択して切り替えると、更新された時間ごとの、
間違えて削除していた下書きや送信・受信メールの、ファイルの状態が表示されます。

その中に、必要なメールのタイトルが含まれているウィンドウが見つかりましたら、
そのメールデータを選択して、「復元」のボタンを押します。

これで、「メール」のソフト画面の左メニュー欄に、
「On My Mac」という項目の「Time Machine」というフォルダーと、
その下部のフォルダーである「修復されたメッセージ」が作成されます。

その中に消去されたメールデータが復旧されて入っていますので、これを開いてご確認ください。

また例として、Macの「メール」でメールを削除するの解説も参考までに。

もしハードディスクドライブ自体が故障していて、読み込みができなくなった時は、
物理障害に対応されたプロのデータ復旧サービスで、ファイルの取り出しの措置を行ってもらうこともできます。




データ復元ソフトでMacパソコンのHDDやSSDを検査する

次に、macOSのTime Machineの方でも必要なメールが見つからなかった場合に、復旧をする方法について。

まず、市販のデータ復元ソフトウェアのデータレスキュー(Data Rescue)などを購入して、
Macパソコンにドライブスキャンをかけて、拡張子の復活を試みる方法もあります。

PC本体のHDDやSSDみならず、外付けのハードディスクやRAID、DVDなどの外部のストレージも検査ができます。

また、自動バックアップに失敗する原因と修復の手順については、こちらのページにて。

スマートフォンやガラケー、タブレット端末にあるメールの場合は、
SDメモリーカードを取り外して、カードリーダーでパソコンに接続することでスキャンができます。

復元できないPCをデータ復旧サービスで見てもらう

しかし、PCのアプリケーションソフトウェアを使って個人で行うデータリカバリーの方法としては、
やはりある程度の確率で行える、というくらいで、目当てのメールといったファイルが復元できない場合や、
拡張子が破損した状態で修復されるケースもあります。

より確実的に必要なメールの修復を行ってもらいたい、という際には、Macパソコンを取り扱われた、
プロのデータ復旧サービスに問い合わせをして、見てもらわれることをおすすめします。