Outlookのメールデータを下書き保存機能から復元

Microsoft Officeシリーズとしてマイクロソフトより提供されています
電子メールクライアントソフト『Outlook』(アウトルック・メール)を日々お使いの際に、
新規メールや新規メッセージを作成してテキストを書き込みしている最中に、

急にアプリケーションソフトやオペレーティングシステムがフリーズを起こして操作ができなくなり
ウィンドウの終了ボタンを押すかパソコンの電源ボタンを長押しして強制シャットダウンを行わなければならなくなると、
メールを送信したり名前を付けて保存する前に閉じて消えてしまいます。

また、停電や落雷の影響で、デスクトップパソコンの電力供給が途絶えて電源が切れてしまったり、
誤って作業中にOutolookの画面を閉じてしまった場合もデータの消失トラブルが起こりえます。

そんな時、どうすれば書きかけだったメールデータを復元できる?という疑問について。

Microsoft Outlookの自動下書き保存の機能を活用

まず、Outlookには他のMicrosoft Officeスイートと同じく、文書シートの作成中に
一定時間が経つと自動的に下書き保存が行われる機能が搭載されています。

Outlookをデスクトップ画面かスタート画面から起動して、
「ファイル」のタブを押して、「オプション」の項目を開きます。

「Outlookオプション」の画面が開いたら、左サイドバーにあります「メール」を押して、
真ん中くらいにある「メッセージの保存」までスライドします。

Microsoft Office Outlookのメールのファイル自体を、他のメールデータtとともに丸ごと誤った削除をしていたり、
パソコンの再インストール、HDDのフォーマットなどで消去してしまった、という場合には、
そんな時のための「データ復旧サービス」に依頼して、サルベージをしてもらうことを推奨します。

Outlookの自動保存機能の間隔を調節するには?

Microsoft Office Outlookで、「送信していないアイテムを次の時間(分)が経過した後に自動的に保存する」の項目に
最初からチェックが入っていて、すでに自動的にデータが下書きで保管されていく状態です。

保存する時間の間隔を1分などに調節すると、よりこまめなタイミングで自動保存されます。

(メールの下書きデータが自動保存されるには文章を書き始めてから指定の数分、時間が経過する必要があります。)

※一例としてWindows8.1の場合、Outolookのデータが保存されている場所は
『ローカルディスクC:→Users→ユーザー名→AppData→Roaming→Microsoft→Outlook』 のフォルダーにあります。

「この下書きを保存しておきますか?」の選択画面が出たら?

この設定で、アウトルックのソフトウェアでメールを書いている間に、もしミスでウィンドウを途中で閉じようとすると、
「このメッセージの下書きが保存されています。この下書きを保存しておきますか?」というバルーンが出てきます。

ここで「いいえ」を選択すると、そのままOutlookが閉じてしまいます。

ですが、もう一度起動し直すと、「下書き」のフォルダーの方ではなく、
「削除済みアイテム」の方に作成途中のメールデータが保管されているのでここから復元できます。

もう一度作業を再開してメッセージを完成させて、「送信」を押すとメールやメッセージが送れます。

メールの作成中に強制シャットダウンが起こった場合は?

新規メールを作成する作業中に急にパソコンの電源が落ちてしまったり、
フリーズが発生して強制シャットダウンする羽目になった場合は、もう一度パソコンを起動してから
Outlookを開き直すと「下書き」のフォルダーにメールが保存されています。

Outlook(アウトルック)で削除したメールのデータを復元する方法については、こちらのページにて。

「Microsoft Office for Mac」をApple製のパソコンで操作する場合は、上記の設定の際に表示される、
メッセージや一部の動作が少し異なります。

パソコンまたはメールの機能が複雑で作業が難しい、という場合は、
パソコン修理店、またはデータリカバリーサービスの出張サポートなどを頼んで、修復作業の代行をしてもらう方法もあります。

こちらから、Microsoft Office Outlookでの対象の下書きメールを開いて、作業を再開して送信できます。

データ復旧サービスで修復してもらう

なお、もし落雷による過電圧や停電のショックなどでパソコンが故障してしまった場合は、
もしインターネットで同期ができていれば、ウェブ上のサービスにあるOutlookページの方を
別のパソコンやタブレット端末などを使って、そちらで開いてみてください。

物理障害でハードディスクドライブが故障してしまい他の保管ファイルとともに
データが開けなくなってしまった場合は、専門業として営業されています
データ復旧サービスの方に問い合わせて、パソコンやHDDを送付して状態を見てもらい、
中身のファイルなどを別の記憶装置に移し替えて救出してもらわれることをおすすめします。