Macパソコンをセーフブートで起動して修復するには?

アップル社製のMacintoshパソコンにインストールされている
「Mac OS X」をはじめとするオペレーティングシステムが
ある時、正常に起動しなくなってパソコンがしっかりと立ち上がらなくなった時は、
セーフモードの機能ではどうすれば開き直して修復できる?という疑問について。

LaunchPad

まず、Mac OS XにはWindowsの起動オプションの「セーフモード」と同じく
「セーフブート(セーフモード)」safe boot/safe mode)という緊急用の機能が標準で搭載されています。

こちらはオペレーティングシステムを起動するのに必要となる最低限の機能のみを動作させるモードです。

もし何らかの追加したソフトウェアの特殊な機能やエラーが原因で
問題が起きていた場合は、その原因をセーフブートでオフにする形で
起動を試みることで、MacのOSを正常に開き直せる見込みがあります。




セーフモードの立ち上げ

最初に、キーボードのShiftキー(シフト・キー)を押したまま、電源ボタンを押してMacパソコンを立ち上げます。

通常の起動よりも少し時間がかかりますので、待機します。

右上に「セーフブート」と出る、ユーザーアカウント選択の黒い画面が表示されます。

セーフブート

ログオンしてデスクトップ画面を開ければ、ひとまず簡易的な修復に成功です。

(※この状態では映像の再生など、一部のソフトウェアの機能が使えなくなります。)

そして、Finderなどのデータの保存場所から、ひとまず外付けハードディスクやDVD-R、USBメモり、
RAID、NAS、クラウドサービスといった場所に必要なデータをバックアップする形で
サルベージしていきます。

Macパソコンでセーフブートを起動する際に、
同時に起動ディスクにあるディレクトリがチェックされて、問題が修復されます。

なので、セーフブートで正常に起動ができれば、再起動した後は
多くの場合、以前と同じ通常起動で元の状態で修復されます。

セーフブートの画面で問題がまだ残っている場合は、LaucnhPadを開いて、ディスクユーティリティの
「First Aid」や、Time Machine(タイムマシン)を開き、Mac OS Xの異常の修復を試みてください。

macOSユーティリティ

どうしても問題が直らない場合は、Mac OS Xを一度閉じて、電源ボタンを押した直後に
「commandキー」と「Rキー」を同時に押して、「macOSユーティリティ」を開きます。

そして「macOSを再インストールする」で、Macパソコンを初期化します。

初期化の前に内部のハードディスクまたはSSDにある必要なファイルを
バックアップしたいけれどセーフブートでパソコンが開けない、という際には、
先に専門事業のデータ復旧サービスセンターの窓口に問い合わせをして、
診断の後にMacパソコン内のデータを抽出してもらわれることをおすすめします。



『「Macintosh」のカテゴリーの前後のページ』

«

»