macOSのパソコンでHDDが表示されない時の原因と復旧方法は?

Apple社のMacintosh用のオペレーティングシステムである、macOSが搭載されたパソコンに、
外付けHDDをUSBケーブルから外部接続をしたり、ハードディスクやSSDを交換または増設した際に、
Finderなどの画面で表示されない場合は、何が原因で、どうすれば復旧できる?という疑問について。

USBポートに正しくコネクタが差し込まれているかを確認する

まず簡単な確認としまして、パソコンか外付けHDDのUSBコネクタにしっかりと差し込まれていて、
またプラグにゴミや埃が溜まっていたり割れていたりしないかどうかを、確かめてください。

延長用のケーブルやUSBハブ、変換ユニットに差し込んで間接的に繋げている時は、
そこから外して、MacパソコンのUSBコネクタにそのまま差し込みをされてみてください。

外付けハードディスクケースのランプが、正常な色で光っているかどうかもご確認ください。

また、電源スイッチをAUTO(オート)にしている場合は、ON(オン)に変更します。

macOSを一度 再起動してみると、二回目は正常に表示されることもあります。

この時点で、もしハードディスクのインターフェース(差込口)またはコントローラが破損していましたら、
それ以上はストレージの接続と通電を控えてください。

まだHDDに必要なファイルが保存されたままで、バックアップができていなかった場合は、
専門のデータリカバリーサービスに出して、復旧の措置を行ってもらうことができます。




「Macintosh HD」のアイコンが表示されない時の原因は?

次に、ハードディスクドライブを購入したり交換をするために初めて接続をする際に、
「Macintosh HD」や「USB」のアイコンが表示されない場合の原因について。

まず、macOSの機能から、新しいデバイスのマウント(フォーマット)を行います。

もし、NASやレコーダーなど別のコンピューターに使っていたHDDを、
macOS(Mac OS X)での再利用で読み込もうとする場合、すでにフォーマットされている
ファイルシステム形式が、多くの場合はMacに非対応であるため、そのままでは表示できません。

ストレージの読み込みをするには、AppleのMacのオペレーティングシステムでマウントをする必要があります。

その際、初期化されてすべてのファイルは消去されるため、
保存された必要なデータが残っている場合は、後で復旧ができるように、
先に元の電子機器のストレージから、データのバックアップを取ってください。

また、MacのFinder(ファインダー)に表示されないトラブルについては、こちらのページにて。

Finder(マイファイル)のディレクトリに、新しい外部のストレージのアイコンが出てこない時は、
アクセスの状態ができているかどうか、デスクトップやDuckでチェックされてみてください。

ボリュームが認識しない場合にディスクユーティリティで修復する

次に、パソコン自体には認識されても、ボリュームがFinder(ファインダー)などのウィンドウで、
正常に開かない場合に、ディスクユーティリティを使って修復をする手順について。

まず、デスクトップの画面の「Macintosh HD」などの対象のアイコンが出ていましたら、
そちらを右クリックして、「Finderに表示」を押します。

それでも正常に認識できずに、Finder(ファインダー)の画面などで表示されない時は、
まず、デスクトップの画面のDuckにある「Launchpad」→「ディスクユーティリティ」と進みます。

左のメニューから、対象のデバイス名が表示されていましたら選択をして、
「First Aid」(ファーストエイド)を選択して、簡易的な問題の修復を実行します。

しかし、OSの破損が悪化していてデスクトップの画面が立ち上がらない場合は、
データ復元のサービスセンターにて、ファイルの救出の作業をしてもらうこともできます。




macOSでハードディスクをマウント解除して再度差し込む

また、「消去」を押すと「Mac OS 拡張」や「MS-DOS」(FAT)の形式で、
フォーマットする形での初期化を行うことができます。

マウント解除」を押すと、ハードウェアの安全な取り外しを行えますので、
一旦USBコネクタから取り外して、再度接続すると認識できる場合もあります。

例として、マウントしていたHDDが表示されないトラブルのQ&Aも参考までに。

また、Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)や、
LinuxディストリビューションのUbuntu(ウブンツ)のOSのパソコンで接続すると、
エラーの相性や互換性の関係から、そちらでは開けて復旧できる、という可能性もあります。

macOS(Mac OS X)にインストールしている、アンチウイルスソフトなどのセキュリティソフトに、
最初の設定で何かの遮断機能がオンになっていたりしないかどうかも、お確かめください。

また、ACアダプターを経由する製品の場合、誤って別の電子機器のアダプターを使っていたり、
コードやプラグが折れて破損していたりしないかどうかも、確認されてみてください。

もし壊れていた場合は、メーカー先から注文で新しいACアダプターを取り寄せして、交換をしてください。

パソコン修理サポートやデータ復旧サービスで直してもらう

もし、ハードディスクケースが故障していて、データが読み込めずに表示されない場合は、
たとえば市販の外付けの換装用ケースを購入して、そちらに差し替えてアクセスを復旧をする方法もあります。

ですが、もしハードディスクドライブ自体が、普段と違う「カタン、カタン」といった異音が出ていたら、
ヘッドクラッシュの障害が起きているために開けない可能性が高いため、
物理的に故障していると思われる際には、それ以上は悪化を防ぐため読み込みを控えてください。

そして、新しいHDDを購入して交換します。

外付けハードディスクやRAID、NASなどにまだバックアップしていない大事な個人ファイルが、
壊れた方のHDDに残されていて、何とか必要な拡張子を壊れたストレージから救出したい、という際は、
やはりプロのデータ復旧サービスセンターにて、見てもらわれることをおすすめします。