Eメールのテキストを探してデータを復旧するには?

パソコン上から読む「電子メール」(E-MAIL)は、近年では特に、お買い物や業務の報告、
プライベート的なコミュニケーションなど、大事なことが書かれた内容のデータを取り扱って
使用していく機会も大変増えてきました。

受信箱や送信トレイ、下書きのBOXなど、それぞれのフォルダーに多くのメールが次第に
保存されてまたメールのアカウントも増えていく間に、必要なメールのデータの場所が
わからなくなってしまったら、どうすればそちらを探して復旧できる?という疑問について。

どの電子メールかを確認する

まず、現在多くの人は、パソコンのインターネットのプロバイダから提供されている電子メールの
クライアントサービスや、ウェブ上のポータルサイトで運用されていますメールサービス、
携帯電話の会社で契約して使用しているEメールなど、複数のメールアドレスを使用されています。

その中から、どのメールで送受信を行っていたデータかを、まずは大まかに思い出されてみてください。

大体の見当が付きましたら、そちらのメールアドレスを取り扱っているクライアントソフト、
またはウェブページ上の管理画面にログインして開きます。




テキストの検索でメールを見つける方法とは?

電子メールのサービスには、ほぼ検索画面が付いています。

送信または受信した時のメールアドレス、タイトル、本文のテキスト、添付ファイル名などに
含まれている可能性が高い大まかのキーワードを、検索窓に打ち込んで、検索をかけます。

表示されたメールの一覧から、必要な対象のメールを探されてみてください。

添付ファイルの内部に含まれたテキストのデータは、基本的に検索の対象にはなりません。

下書き保存は大体の場合で数が少ないため、検索をかけずにそのまま下書き保存のフォルダーに入って、
一目で探し終えられることが多いです。

パソコン上で失ったデータをメールから復元する方法とは?

また、パソコンで取り扱っていたテキストエディタのデータや画像ファイルをうっかり
間違った削除や端末の紛失などで失ってしまった時、その一部のデータが、過去のメールのテキストや
添付したファイルに残っている可能性が高い、という際には、上述の方法で検索をかけて、
そちらから探して拾い出す形で、復旧できる見込みもあります。

該当するメールが見つかりましたら、テキストをコピーしたり、添付ファイルを保存します。

クラウドストレージのバックアップからサルベージするには?

AppleのMacBookやiPhone、iPadなどで使う「iCloud Drive」(アイクラウド・ドライブ)といった、
一部のクラウドサービス(オンラインストレージ)には、コンピューターに標準で備え付けの
Eメールのデータを自動で定期的にバックアップを設定できるサービスも提供されています。

また、携帯電話の会社でも、お使いの携帯電話やスマートフォンで使用している電子メールの
データを、自動でバックアップしてもらえるサービスが実施されています。

もしコンピューターの本体からメールを失ってしまった場合は、クラウドストレージにログインして、
そちらのフォルダーに保存されています、バックアップされている分のデータを引き出して、
元のパソコンや、買い替えたモバイル端末などの場所に、復旧することもできます。

削除したメールデータの復元をするには?

以前に間違えてメールを消去されていた場合は、まずはゴミ箱のトレイに移行されていないかどうかを確認します。

ゴミ箱にも見つからなかった場合は、メールクライアントソフトを使用してデータを保存している
パソコンの内蔵ハードディスクやSSD、またはモバイル端末のSDメモリーカードが保存先である場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、対象のデータ記憶装置を持ちこみか郵送で提出して、
消えたメールのファイルを復元できるかどうかの検査をしてもらわれることもおすすめします。