SDカードで「フォーマットしますか?」と表示された時は?

デジタルカメラやビデオカメラ、通信機器メーカーのモバイル端末などの様々な機器に対応されている、
半導体メモリのデータ記憶装置の規格である【SDメモリーカード】を、
外部のコンピューターからUSBコードで繋げたり、USBカードリーダー/ライターを通してパソコンに差し込みしたら、

「ディスクはフォーマットされていません」「フォーマットしますか?」とメッセージが表示されて、
データがすぐに開けない場合があります。

また、デジタルカメラなどをUSBコードでパソコンに同期させてデータを取り込む際に問題が出て、
その後デジタルカメラにSDカードを入れると、「初期化しますか?」といったメッセージが表れて、
正常に認識できない場合には、どうすればフォーマットの表示が出てしまうエラーを解消して、
リムーバブルディスクへの接続を復旧することができる?というご質問について。

「ディスクはフォーマットされていません」と出たら?

まず、「ディスクはフォーマットされていません」と出るメッセージにそのまま沿って、
フォーマット(初期化/formatting)をしてしまうと、
SDメモリーカード内のデータがすべて削除されてしまうので、必ず「いいえ」を押して中断してください。

もし何度アクセスを試みても、「フォーマットしてください」といった指示しか出ない時は、
他のSDカードを代わりに一枚買って使ってみて、そちらが問題なく読み込めれば、
もう片方のSDメモリーカードに、エラーといった異常が発生している可能性があります。

別のパソコン本体をお持ちでしたら、試しにそちらの方で接続されてみると、
誤認の表示がされずに、ボリュームへのアクセスの状態が自動的に復旧できることもあります。

古い型番のストレージの製品の場合、容量の大きいファイルの拡張子の書き込み、読み出しに、
転送速度が間に合わないために、エラーがたまに発生してしまうケースもあります。

少し以前の世代の、モバイル・コンパクトの電子機器の製品をお使いの際に、
大容量のデータ記憶装置を取り扱う時には、こうした一手間が必要になることもあります。




別のコンピューターで使用していた場合は?

次に、macOS/Mac OS Xなどの別のオペレーティングシステム(Operating System)のパソコンや、
PCの外部のコンピューターに接続した後に、一部のデータが書き換えられて一時的に、
「フォーマットしますか?」という、初期化(data format)の選択のメッセージが出て開けなくなる場合があります。

以前に使っていたパソコンやデジタルカメラ、スマートフォン、タブレット端末などに再度、
SDメモリーカードを差し込み直して、そちらで正常に内部のデータが開けましたら、
外付けHDDやDVD-Rに必要なファイルのバックアップを取って、それから初期化して復旧する手順も有効です。

SDカードのデバイスのアンインストールをして再接続

次に、Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のパソコンの、
コントロールパネル(Control Panel)からデバイスマネージャー(Device Manager)を開いてみると、
ポータブルデバイスの項目に、エラーのマークやメッセージが表示されていることがあります。

その際には、SDカードの名称を選択して右クリックをして、デバイスのアンインストール(削除)を実行してください。

一度SDカードを差し込んだカードリーダーか、同期しているデバイスを外して、
パソコンを再起動してから、再度接続してデータの読み込みをされてみてください。

「フォーマットしますか?」と表示されてしまうSDカードのデバイスの認識が、
どうしてもうまく行かない時は、私設のパソコン修理サポートや、
専門のデータ復旧サービスセンターの方で、読み込みのリカバリーを行ってもらうこともできます。




古い読み取り装置を使用していた場合は?

次に、以前のポータブルデバイスの装置をお使いの際、データ記録媒体には、
少し前の世代のSDメモリーカードの規格しか読み取りできずに、
カードリーダーやデジタルカメラなどで、正常に読み取りができない場合もあります。

その時は、最近の製品に買い替えることで、大体はSDカードの読み込みの解決ができます。

また、ドライブを間違えたフォーマットで上書きした時のデータ復元をする方法については、こちらのページにて。

別のパソコンで読み込んでみても初期化のエラー(error)が出たら、そのSDカードの状態を、
たとえばトランセンドのメモリーカードといった、メーカーの製品の解説と照らし合わせてチェックをしてみたり、
サポートに電話やメール、ファックスで問い合わせてみる方法もあります。

購入をされてから最初のうちに頻繁にエラーのバルーンが表示される場合は、初期不良の可能性もあります。

SDメモリーカードの回路が壊れて開けなくなった時は?

次に、デスクトップパソコンやノートPCの一部である『パーツ』(Parts)のうちの大部分は、交換が比較的簡単です。

ですが、パソコン以外の電子機器(Electronic Device)である部品は、外付けHDDやRAIDのケース、
またはNAS、サーバなど、あまり個別に販売されていないため、ジャンクショップや通信販売といった場所でなければ、
まず故障したパーツ個別のみを購入する、といった限定的な入手が難しい点があります。

特に、SDメモリーカードのように小型の補助記憶装置は、壊れた回路の換装作業も、
一般の個人では非常に難しく、逆に異物の混入などのトラブルで余計に壊れてしまうおそれもあります。

データ復旧サービスセンターでファイルを引き出ししてもらう

もし、デジタルカメラやモバイル端末といった機材が破損してしまった時に、
メーカーのサポートセンターで直してもらう際には、SDカードは事前に取り外しをされてください。

どうしても内部のファイルが開けない時は、やはりプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
フォーマットしたSDカードからのデータ救出の依頼をされてみることをおすすめします。

専門事業のデータリカバリーサービスに送付して、損壊したSDメモリーカードから、
大容量デバイスに保存された、開けないファイルやフォルダーを取り出して復旧してもらう形になります。