マルチメディアカード(MMC)のデータを復元するには?

デジタルカメラといった電子機器に使用する補助記憶である、
マルチメディアカード(MMC)に保存していたデータファイルを、誤って削除してしまったり、
フォーマットで全部消してしまわれた際には、どうすれば復元することができる?という疑問について。

マルチメディアカードから誤ってデータを削除したら?

まず、SDカードやUSBメモリと同じく、マルチメディアカードは出力装置と入力装置を兼ね備えた、
読み書きの可能な入出力装置(input-output device)なので、保存されているファイルの消去も可能です。

デジカメの本体の機能にある削除操作の入力や、WindowsやmacOS/Mac OS XのパソコンにUSB接続して、
エクスプローラーやマイファイルで一度、マルチメディアカードから消去してしまうと、
データは表示の上では拡張子がなくなった状態になります。

ですが、メモリーカードのメモリチップの中にはまだ、ファイルの「痕跡」が残っています。

なので、新しいデータの上書き保存をして、痕跡が消えてしまわないうちであれば、
まだここからサルベージをする手法やサービスで、データの復元が可能です。




MMCをカードリーダーに差し込んで開き直す

次に、マルチメディアカード(Multi Media Card)を使用している電子機器が故障してしまい、
読み込みができなくなった時には、USBカードリーダー・ライターを別個で購入して、
そちらのコネクタに差し替えてからパソコンにUSBで接続すると、大抵は開くことができます。

ほか、メモリーカードのデータが開けなくなる状態から復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

マルチメディアカード(MMC)に保存していた写真画像の拡張子や動画のファイルを、
間違えた削除の操作や誤ったフォーマットをしてしまった時にも、パソコンでMMCのデータを復元するためには、
USBカードリーダー・ライターに差し込みして、開き直す必要があります。

Macパソコンのごみ箱からファイルを元に戻す

次に、マルチメディアカード(MMC-MultiMediaCard)とは、
SDカードと同じく、カードリーダーなどの媒体からUSBポートを通してパソコンに接続して、
デジタルデータの書き込みやファイルのコピーによる保管ができる、小型のカード媒体です。

写真画像などの電子データを保存できる容量は、64MB(メガバイト)〜2GB(ギガバイト)と少なめです。

ですが、最近のSDXCメモリーカードやハードディスクに比べて最大容量自体がずっと低い分、
ストレージのドライブスキャンなどに掛かる時間は少なく、データ復元の注文での費用も安めで済みます。

たとえば、Canon製のコンパクトデジタルカメラの使用可能なメモリーカードの種類についてはこちら。

また、macOS/Mac OS XのFinderなどのシステムでファイルを間違えて削除した場合は、
外付けの記憶装置に保管されているファイルもゴミ箱のフォルダーに一旦移動しますので、
ここから「元に戻す」の指示で、マルチメディアカード(MMC)の以前の場所にデータを復旧させることもできます。

データ復元ソフトでMMCをスキャンする

次に、市販のデータ復元ソフトウェアの『ファイナルデータ』や『完全データ復元プロ』、
あるいはマッキントッシュパソコン対応の『データレスキュー』など、
リムーバブルディスクにも対応されている、性能の良いデータ復活ソフトウェアのプログラムを
PCにインストール・セットアップして、マルチメディアカードから消えたファイルの修復をする方法もあります。

その際には、マルチメディアカードを、USBカードリーダーなどを使ってパソコンに読み込ませて、
スキャンを行って痕跡データを抽出して、失ったファイルの蘇生を試してみることができます。

データ復旧サービスセンターに提出をする

しかし、マルチメディアカードの本体に大きな傷が付いたり、差込口が錆び付いたりなどして、
システム的にパソコンで読み込めなくなった時には、それ以上メモリーカードの回路の破損の状態が
ひどくなってさらにデータが開けなくならないように、使用(通電)の方は、一旦控えてください。

また、MMCから消えたファイルをデータ復元ソフトのドライブスキャンで検出できなかったり、
拡張子が損傷して正常に開けない状態で修復される場合もあります。

その際には、専門の事業であるデータ復旧サービスセンターの方に問い合わせをして、
失ったファイルのリカバリーをしてもらったり、
ストレージの内部に閉じ込められた状態のデータを、分解作業などで抽出してもらうことをおすすめします。