フォーマットしたxDピクチャーカードのデータを復元

フラッシュメモリーカードの規格の一つ「xDピクチャーカード」(xD-Picture Card)を、
間違えてデジタルカメラかパソコンの操作で写真データが入ったままフォーマットをかけて
初期化してしまった場合に、どうすれば消えた画像ファイルを復元できる?という疑問について。

xDピクチャーカード

まず、デジタルカメラなどに差し込んで撮影して保存した写真画像を
フォーマットで丸ごと削除してしまうと、表示の上では消去されているので
バックアップを取っていなければそのままでは消えたままになります。

ですが、まだxDピクチャーカード内のメモリにあるセクタ部分には、
前に書き込まれていた拡張子の「痕跡」が残っている事が多いです。

消したファイルをそこから復元させる手順を試みる事ができます。

(※フォーマットしてしまった後にそのxDピクチャーカードで
新しく写真を撮って保存すると前のデータの痕跡が自動的に上書きされて
消えるおそれがあるので、それ以上は使わないように注意してください。)
 
最初に、フォーマットしてしまったxDピクチャーカードを、お使いのデジタルカメラに差し込んだまま
USBケーブルでパソコンにつなげて読み込みします。

USBケーブルがない時には、USBカードリーダー/ライターに
xDカードを差し込んで同じくリムーバブルディスクとして認識させます。

xD-Picture Card

そして、エクスプローラーなどの画面でフォーマットされたxDピクチャーカードのアイコンが表示されて
中身のディレクトリが開けるかどうかチェックします。

デジタルカメラの機能で誤って初期化した場合は「DICM」などの基本的なフォルダはあるのですが、
それまでに撮影して保存した写真画像のファイルは削除されています。

Windowsの方でクイックフォーマットをかけた場合は
何も入っていない「このフォルダーは空です。」という表示になります。





こちらのページの実践例では、WindowsのパソコンにAOSテクノロジーズのデータ復元ソフトウェア
ファイナルデータ9.0復元+Office修復』をインストールして使用する例について手順を書いていきます。

まず、最初の画面で「ファイルの復元」のボタンを押して、
次に「フォーマットした場合」のボタンを押します。

ファイナルデータ

次の画面でドライブの選択一覧に「xDーPicture」という項目が出ているので、
そちらを選んで「検索」のボタンを押すと、スキャンが始まります。

ドライブを選択

スキャンが終わると、「JPG」などの抽出できた拡張子の一覧が表示されます。

左側の欄から該当する拡張子のフォルダを選んで、右側の欄に写真や動画などのファイルの一覧が出てきます。
(※ファイルの名前と更新日時は変更されています。)

それらにチェックを入れて「選択したファイルを復元」のボタンを押します。

写真ファイルの復元

「フォルダーの参照」のウィンドウでファイルの保存先の
ディレクトリを選択して「OK」を押すと、その場所に保存されます。

そしてエクスプローラー(コンピューター)のウィンドウなどを開いて、復元したファイルを確認して、
プレビュー画面でしっかりと写真の画像が破損せずに映っていれば、復旧に成功です。

最後に、「完了」と「終了」のボタンを押してファイナルデータを閉じます。

しかし、復活させたい写真がスキャンで検出できなかったり、ファイルが見つかっても画像の一部に
線が入ったり荒削りになったり、半分が塗りつぶされていたりと、破損した状態で修復されることもあります。

一般個人で使うデータ復元ソフトだけではどうしても一部、検出が失敗することもあるので、
フォーマットで消去したしたファイルをより確実にできるだけすべて復活させたい、という際には
データ復旧サービスの業者にxDピクチャーカードを提出して
論理障害の対応として診断と修復の作業を行ってもらうことをお薦めします。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

«

»