マウントしたハードディスクのデータを復旧するには?

MicrosoftのWindwos10のコントロールパネルにある「ディスク管理」といった
ボリュームウィザードの機能などで、内蔵ハードディスクまたは外付けHDDに
新しくマウント(mount)をかけてフォーマットをして、後で誤って必要な保存ファイルまで
消去してしまったと気づいた場合に、後からデータを復旧することはできる?という疑問について。

HDDのマウント

まず、ハードディスクをマウントした場合、すなわちフォーマットをかけて
すべての保存データを初期化した場合は、WindowsやmacOSなどのゴミ箱フォルダーには
ファイルが移行されずに、そのまま画面の表示上ではアイコンが消えてしまいます。

「ファイル履歴」や「バックアップと復元(Windows7)」といった機能で事前に特定の
必要なデータをバックアップしていれば、そちらから開いて保存する形で復旧できます。

マウント作業は増設したHDDや分割したパーティション、外付けのリムーバブルストレージで
実行することが多く、OSの標準機能であるバックアップのシステムは主に
ローカルディスク(Cドライブ)の特殊なフォルダーなどを対象とするため、
フォーマットで失ったファイルの予備は保存されていない場合がどうしても多くなります。

別の外付けHDDやRAIDといったリムーバブルデバイスにバックアップしていたり、
ネットワーク上のクラウドストレージ、ファイルマネージャーなどのサービスに
ファイルをアップロードしていましたら、そちらを開いて確認してみましょう。




データ復元ソフトの使用

マウント作業などでフォーマットをかけたハードディスク自体は、エクスプローラーやFinderなどで
接続して開いた限りでは各フォルダーやファイルのアイコンが消えているのですが、
そこからさらに新しいデータを上書き保存していなければ、まだドライブ装置の内部回路の
プラッタ(円板)のセクタには、拡張子の痕跡データが残留しています。

そして、その痕跡データを救い上げて読み込み直しができる見込みがあります。

こちらの一例では、WindowsでAOSテクノロジーズのデータ復元ソフト「ファイナルデータ」を
使用して、拡張子の痕跡をスキャンしてサルベージする仕方について解説いたします。

まず、パソコンのCドライブから分割したパーティションをフォーマットした、
または削除と統合をしてデータが消えたという場合は、データ復元ソフトを
そのままCドライブにインストールすると、HDDのセクタがその分上書きされて
痕跡データが消えるおそれがあります。

そのため、リムーバブルデバイスではなくCドライブが復旧の対象の場合は、
USBブート、またはDVDブート機能を使ってソフトウェアを展開します。

ウィンドウの最初の画面で「ファイルの復元」を選択して、
次に「フォーマットをした場合」を選択します。

マウントしたHDDの名称を一覧から選択して、「検索」を押してスキャンを開始します。

ボリューム

最大容量が大きいハードディスクの製品ほど、ドライブスキャンには時間がかかります。

スキャンが終わると拡張子の種類ごとの一覧が表示されますので、その中から
JPGやGIF、PNG、URL、PST、PSD、EML、XLSX、ACCDB、TIF、といったそれぞれ必要な
データの拡張子名のフォルダーを開いて、ファイルを確認します。

ファイル名にチェックを選択して、「選択したファイル復元」を押します。

拡張子

リムーバブルストレージなどの保存先のフォルダーを選択して「OK」を押すと、
選択したファイルが保存されます。

最後に、ファイルを書き込みしたフォルダーを開いて、正常に拡張子が開ければ
データの復旧作業は完了です。

しかし、マウントしたハードディスクに元々大量のファイルを保存していて、
そこから検出する際、中にはスキャンにて抽出されないデータや、
拡張子の破損したデータが出てくることもあります。

写真画像アルバムやマークシートの保存フォルダーなど、できるだけ多くのファイルを
元に戻したい、という際には、専門業者のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
初期化したハードディスクを提出して診てもらわれることが、より確実な方法になります。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

«

»