動画ファイルを削除した後で復元するには?

パソコンのムービー編集ソフトで作成した、またはビデオカメラなどの機器で撮影した映像を収めた
動画(movie・video)のファイルを誤って削除してしまった場合には、
普通の画像ファイルと同様に復元することはできる?という疑問について。

まず、動画ファイルを保存している場所がパソコンのCドライブやDドライブ内であれば、
例えばエクスプローラーの画面上で誤って消去した時には「ゴミ箱」のフォルダーに移動されています。

デスクトップからゴミ箱を開いて、ファイルが移行されていれば元の場所に戻します。

またMac OS Xのパソコンの場合は、SDカードやUSBメモリなどの
外部記憶装置に保管されたデータもゴミ箱に表示されます。

もしゴミ箱に入っていなかった場合には、Windowsなら「ファイル履歴」、
Mac OS Xなら「Time Machine」、あるいはバックアップソフトやクラウドサービスによる
自動更新バックアップを事前にセットアップしていれば、

「ビデオ」や「個別フォルダー」にあった分の予備のデータを引き出して
動画ファイルを復元できる見込みもあります。


しかし、各種機能でバックアップのデータが取れていなかった場合には、
個人で復旧作業を行うには市販の『データ復元ソフト』を使用していきます。

注意点としまして、動画ファイルは普通の画像ファイルより容量も大きくプログラムも複雑で、
失った拡張子の痕跡から正常に修復するのに失敗してしまう場合もよくあります。

最初は試用体験版をインストールして、そちらからファイルが検出できるかどうかのみ
ライセンスの購入前に確かめる方法もあります。

こちらの一例では、株式会社インターコムより出ています
データ復元ソフトウェアの『Superファイル復活4』で
拡張子「.mp4」と「.MOV」の動画ファイルを復元する場合について解説いたします。

まず、デスクトップやスタート画面から「Superファイル復活4」を起動します。

最初の画面で「ファイルスキャン」→「次へ」と進みます。

対象のボリュームを選択して、「次へ」→「開始」と進むと、削除データの検出が始まります。

検索結果の画面が表示されましたら「ファイルの種類」の「Mov」の項目を選択します。

一覧リストに「.mp4」や「.MOV」の拡張子が表示されましたら、
削除されてしまったと思われる日付のところの項目にチェックを入れます。

そして「ファイルの復活」のボタンを押して、復元先フォルダーを選んで
「OK」を押すと、その場所に動画ファイルが保存される形でデータが復元されます。

保存先のディレクトリをエクスプローラー画面で開くと新しいフォルダーが作成されていますので、
こちらを開いていくと一番奥のフォルダーに復旧した動画ファイルなどがあります。

最後に、動画ファイルが開けるかどうかを確認して、データ復元の作業は完了です。

ですが、このファイルが破損していて開けなかったり、削除した一部の動画ファイルが
検出されない、ということもあります。

その場合には、専門業者のデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、
パソコンまたはハードディスク、SDカードなどの、動画を保存していたデータ記憶メディアを
提出して診てもらわれることをおすすめします。