MacパソコンでSDカードのデータ復旧をする方法は?

MacのOSの「MacBook Air/Pro」や「Mac Pro」「iMac」「Mac mini」といったマッキントッシュパソコンをお使いの際に、デジタルカメラなどの電子機器で二次記憶用のメモリカードとしてお使いの「SDカード」(Secure Digital memory card)から写真などの大事なファイルを間違えて削除してしまった場合、バックアップがない状態からMacパソコンで後からファイルを復旧するには、どのような方法で行えばいい?という疑問について。

まず、Mac OS XのパソコンにUSB3.0カードリーダー/ライターかデジタルカメラなどの機器のUSBケーブルを通して、USBポートからSDカードを接続します。

Mac OS Xの場合、もしパソコンの機能でFinder(マイファイル)からデータを削除していた場合はSDカードなどの外付けのUSB記憶装置に入っているデータの方も一度、「ゴミ箱」に移行します。

なので、ゴミ箱フォルダーを開いてみるとファイルが残っていて、SDメモリーカードの場所に戻す形でのデータ復旧ができる可能性もあります。

MacのパソコンからUSBケーブルを引き抜くと一旦ゴミ箱の中身のデータの表示が消えるのですが、もう一度差し込めば、またSDカードからの削除済みファイルの一覧が表示されます。

しかし、デジタルカメラやモバイル端末などの普段使用している方のハードウェアの機能やMacintoshパソコン上の他のアプリケーションソフトなどでSDメモリーカードのデータを
誤って削除したりフォーマットを掛けて初期化した場合は、ゴミ箱に移行せず、そのままフォルダー上からアイコンの表示が消えてしまいます。

(microSDHC/XCメモリーカードではなく普通のサイズのSDカードの場合はプロテクトスイッチを下げてロックしていれば、誤削除を防ぐことができます。)

また、SDカードをデジタルカメラなどに差し込みしたまま新しく写真の撮影などでデータを上書きすると前に保存していた拡張子の痕跡が上書きされて消えていくため、それ以上の使用はひとまず控えます。

SDカードから一度ファイルを削除した後で別のファイルをかなり上書きしていた場合には、プロのデータ復旧サービスにSDカードを提出して、診てもらわれる方が、より確実です。

データ復元ソフトを使用する

これらの場合には、Mac OS Xで使える「データ復元ソフトウェア」を使用して、SDカードにまだ残っている可能性の高い「痕跡」をスキャンして修復します。

(※こちらの一例では、iGeek.Inc(アイギーク社)の「データレスキュー3」を使用して、SDメモリーカードからファイルを復旧する実践例を解説いたします。)

まず、パソコンにインストールした「データレスキュー3」のソフトウェアを「Duck」か「アプリケーション」から起動して、「新たにスキャンを開始」のボタンを押します。

「外付けUSB」と書かれた項目のSDカードにあたるアイコンを選択して「次」を押します。

スキャンの方法は「ディープ」を選んで、「開始」を押します。

しばらく待機して、SDカードのドライブスキャンが完了したら、検出できたフォルダーとファイルデータの一覧が表示されます。

「再構築ファイル」→「イメージ」→「JPEG」という具合にディレクトリを開きます。

ファイルの一覧が表示されたら、これらのデータを選択して「復旧」のボタンを押します。

保存したいフォルダーの場所(パソコン内蔵のHDD/SSDや、別の外付けハードディスクなど)を選択して「開く」を押すと、SDメモリーカードにあったファイルが、その場所に復元されます。

データの書き込みがMacのパソコンの作業で完了したら、「表示する」のボタンを押して、フォルダー上に正常に表示されていて拡張子が開ければ、復旧の作業は成功です。

なお、もしWindowsのパソコンも別にお持ちでしたら、フォーマットの形式に問題がなければWindows用のデータ復元ソフトを購入してからウィンドウズのPCの方にSDカードを接続して、読み取りやスキャン、修復の作業を行う事もできます。

ですが、一般個人で行う方法では、確実にすべての消えたファイルが復旧できるとは限りません。

できるだけ正確に多くのファイルを修復したい、という際にはプロフェッショナルの
データ復旧サービス業者の方に問い合わせをして、SDカードを送付して診断とサルベージの作業を行ってもらうことをおすすめします。