ノートパソコンのバッテリーの寿命が来たら交換

ノートパソコン(notebook PC)にはケースの内部にバッテリー(battery)が搭載されています。

そのため電源コンセントを繋げて電力を供給しなくても、
電池がもつ数時間の間はワイヤレス状態での使用が可能です。

電池が無くなってきたら付属の電源コードを
ノートパソコンと電源コンセントに繋げて充電する必要があります。

その間は充電しながらPCを起動して使うこともできます。

しかしバッテリーも何年も使い続けて電力の消費と充電を繰り返していくうちに、次第に
摩耗していき一度に補充できる電力量がだんだん少なくなり、すぐに電池切れになりやすくなります。




バッテリーの調子に明確に不具合が出てくると、ノートパソコン本体部分の前面の左部分にある
電池のランプが青色やオレンジ色に点滅することがあります。

バッテリーに寿命が来て使えなくなると、このように警告のサインとして点滅状態になります。

また電源コンセントにACアダプターを24時間ずっと差し込んだまま使っていると電池の寿命が
早まるので、ノートパソコンを使う時と充電する時だけACアダプターを使うようにした方が良いです。

長時間の使用でバッテリーに熱が充満したりすると警告のランプが点滅することもあります。

その際には一回電源をシャットダウンして全ての周辺機器のコードを外してからバッテリーを
本体から取り外してしばらく熱が冷めるまで待ってください。

逆に、長期間ノートパソコンの本体の電源を起動させていないと
PC本体に静電気が蓄積されて調子がおかしくなることもあります。

バッテリーとACアダプターを付けていない状態で電源ボタンを
数回カチカチッと押すと、帯電した静電気を除去できます。

その後バッテリーを入れ直して電源を起動してください。

しかし、バッテリーが不調になっているだけならまだ新品に交換すれば良いのですが、
接続部分に電池の液体が漏れて付着していたり、錆びついていて腐食しかけていた場合は、
ノートパソコンの本体も修理に出して直してもらいましょう。