ノートパソコンのHDDのデータを変換ケーブルで救出するには?

ノートパソコンに搭載されている2.5インチ型のハードディスクドライブが
コンピューター上でBIOSに認識できなくなったり、オペレーティングシステムが
破損して開かなくなったため、外付けで他のパソコンにつなげてボリュームを読み込み、
内部に保存されたデータを救出するにはどうすればいい?という疑問について。

HDD変換ケーブル

まず、ほかのデスクトップパソコンを一台お持ちでしたら、空いているドライブベイに
ハードディスクを差し込み、またはドライブベイが空いていなくても、PCケースを開けて、
どこか近くかPCケースの適当な場所にHDDを置いて、一時的に開くこともできます。

その際には、予備のSATAケーブルと電源ケーブルの中間コネクタ、またはその延長コードを
購入して接続して、セカンダリ・ハードディスク(D~ドライブ)として読み込みます。

二台のパソコンのうち、どちらかがかなり古いマシンで、IDE方式である場合には、
USB変換ケーブル、またはIDE⇔SATA変換用コネクタを取り付けて、SATAハードディスク用の
パソコンで読み込みができるようにして繋げます。

そして、Windowsのエクスプローラーなどでドライブ装置が認識できてフォルダーやファイルが
開けましたら、データを別の記記憶装置にバックアップして救出します。

お持ちのパソコンが小型・薄型のノートパソコンで、内蔵のハードディスクやSSDが
取り出しにくい構造で自分では分解作業が難しそう、という際には、
私設のパソコン修理店やデータリカバリーサービスにて、代行作業をしてもらうことができます。




MacBook Airに接続する場合

次に、二台のノートパソコン同士で片方の壊れたPC本体からHDDを取り出しして、
USB変換ケーブルまたはユニットで繋げるにはどうすればいい?という際の手順について。

こちらの一例では、AppleのmacOS/Mac OS XのMacBook Airのパソコンに
Windowsのノートパソコンの2.5インチ型SATAハードディスクを、
サンワサプライ製のUSB3.0変換ケーブル「USB-CVIDE5」でつなげて、
内部の保存データを救出する仕方を解説いたします。

まず、ノートパソコンにHDD交換用の蓋が設置されていましたら、
そちらをドライバーでネジを開けて、丁寧にハードディスクを取り出します。

次に、ノートパソコンから取り出したHDDのインターフェースにそれぞれ、
SATAケーブルのユニットと、電源ケーブルのアダプターのコネクタを差し込みます。

変換ユニットの方のスイッチの「S」(シリアルATA)に設定します。

USB接続

古いノートパソコンで、IDE方式のHDDをお使いの場合は、「I」IDEのモードにして、
またユニットと電源ケーブルもIDE用のコネクタの方を接続します。

変換用アダプターのケーブルに付いている電源スイッチをオンにして、
MacBookAirにUSBケーブルのコネクタを差し込みます。

Finder(マイファイル)にボリュームが認識されて、HDDの内部のファイルやフォルダーが
画面上で開けましたら、別の外付けHDDやDVD-R、RAID、NAS、クラウドなどの場所に
バックアップをする形でデータを救出して、完了です。

ボリュームの読み込み

しかし、もしハードディスク自体に、カタカタ…コトコト…と異音が鳴っていたり、
コントローラやインターフェースの差込口が割れていて読み込めなくなっていたら、
物理障害のため、一般個人ではほぼデータの読み出しができなくなってしまします。

その際には、プロのデータ復旧サービスに問い合わせて、壊れたHDDを出して、
内部のファイルを救出してもらわれることをおすすめします。



『「ノートパソコン」のカテゴリーの前後のページ』

«

»