ノートパソコンが過熱で電源が止まった時のデータ復旧

ノートブック型パソコンはデスクトップ型パソコンよりもコンパクトなサイズで
液晶モニタの画面やキーボード、タッチパッド、スピーカーなどが一体化している分、
内部パーツ同士の空きスペースは少ない構造になっています。

ノートPCのハードディスク

また、テーブルの上に本体を横に置いて密着させて使うために熱が充満しやすく、
廃熱装置の調子が良くないとノートパソコンとテーブルに過熱が起きやすい傾向があります。

数年~、と長い事使用していると電源ユニットやCPUの冷却ファンに埃やゴミが溜まっていき、
十分な廃熱ができず、熱暴走のおそれにも繋がるのでノートパソコンの掃除は特に行う必要もあります。

また、パーツの老朽化などで冷却ファンの回転がまともに動かなくなると
急激にパソコンが発熱し、起動してから数分で電源が落ちてしまいます。

まず、熱暴走でフリーズ(ハングアップ)が起きて動作が止まって操作できなくなったら、
ひとまず電源ボタンの長押しでシャットダウンして電源をオフにします。





しばらく何もせず、数時間~一日ほど暑くない日陰の場所にパソコンを置いてハードウェアを冷まします。

出来れば本体カバーの蓋を開けて、ハードディスクやCPU、メモリから焦げた匂いがしていたり
煙が出ていたり、金属の一部が溶けかかっていたりしないか、確認してみます。

そしてしばらく経って電源を付け直して正常にオペレーティングシステムが立ち上がって
何事もなく使用が出来れば、ノートパソコンの復旧に成功です。

過熱でCPUをはじめとする部品が熱暴走を起こしているといきなりパソコンが閉じて保存前の
データが全部消えてしまうおそれがあるばかりか、ノートパソコンの症状もどんどん悪化してしまいます。

また、膝の上にNOTEBOOK PCを置いて使っている最中に
過熱で足に火傷を負う危険もありますのでお気をつけください。

ノートブックPCの冷却ファンの回転音がまともに聞こえなくなったり本体が熱くなる兆候が現れ始めたら
なるべくそれ以上は使わずに、早めにPCのサポートセンター店にて、マシン内部の
クリーニングやデータ復旧サービスで、部品の修理・交換を行ってもらう事をお薦めします。



『「ノートパソコン」のカテゴリーの前後のページ』

«

»