パソコン修理やデータ復旧のサービスを実施されたPC販売店とは?

パソコンの本体の製品や周辺機器、パーツ、ソフトウェアといった商品を販売された店舗の一部で実施されている、
コンピューターに関するトラブルの解決や、故障したPCの修理をしてもらえるサポート、
また失ったデータの復旧を行ってもらえるサービスとは、どういうもの?という疑問について。

簡単なトラブルの解決や修理もパソコン販売店で行ってもらえる?

まず、全国の各地で営業されています、チェーン店や個別の店舗には、パソコや周辺機器の販売とともに、
一通りの故障の修理や、トラブルの解決、消えてしまったファイルの復元の措置や、
読み込みできない機器からのデータのリカバリーを代行してもらえるサポートを実施されたところも数多くあります。

基本的には、故障したパーツの交換による修理や、オペレーティングシステムのリカバリー、
またネットワークセキュリティの設定や、基本的なソフトウェアのインストール、軽量化、
といった代行作業を中心に、実施をされているショップが多いです。

また、パソコンを購入した時に、長期の保証サポートが付帯できるサービスを提供されているところもあります。

より複雑で高度な問題からの修復の作業は、専門で営業されている、パソコン修理サービスでの業務となります。

バックグラウンドで動作するソフトのリソースを減らしてもらう

パソコンの修理に関する主なサポートのサービスの一部の例を、下記にて記述いたします。

まず、パソコンの動作中は、デスクトップの画面上でウィンドウとして表示されていないプログラム、
例えばアンチウィルスソフトや音楽に関するアプリケーションソフトウェアなどが、
バックグラウンド(background)として稼働していることも多いです。

そちらの機能の実行中により、メインメモリやCPUのリソース(resource)が割かれているケースもあります。

不要なソフトウェアは、タスクマネージャーのスタートアップのタブから、無効にしてもらったり、
アンインストールやレジストリの軽減などで、コンピューターを軽くしてもらうこともできます。

また、「パソコン工房」の修理サービスなど、メーカー製品を問わずに、
トラブル解決や故障の修理、データのリカバリーを請け負ってもらえるサポートも多くあります。

不具合が起きたソフトウェアにパッチを当てて修復してもらう

次に、新しくバージョンアップしたオペレーティングシステムに、
アプリケーションソフトウェアをインストールして立ち上げようとしたら、
最新のOSとは互換性がなかったり、何かのエラーが発生して、正常に起動ができなくなることもあります。

ソフトウェアの公式サイトで、プログラムの修正を行うパッチ(patch)が配布されていましたら、
そちらをダウンロードして、セットアップを実行して、不具合の修復をしてもらうことができます。

また、IE(InternetExplorer)は、現在では古いウェブブラウザなので、
Microsoft Edgeといった他のウェブブラウザに、設定を変更してもらうことも推奨します。

ほかに、パソコン本体のパーツのスペックが低いものだと、動作環境(ハードウェア・リクワイヤメント)の方が、
対応されていないために、ソフトウェアが正常に動かないことがあります。

その際には、対応されたパーツに交換、または増設をしてもらう必要があります。

また、最近のパソコン本体は安い製品でも壊れにくい?という疑問については、こちらのページにて。

コンピューターのネットワークセキュリティを整える対策とは?

次に、アプリケーションソフト(特にインターネット上にあるユーティリティ)の中には、一見すると問題ないようで、
その実 コンピューターのシステムやデータファイルを破壊する、
「トロイの木馬」(Trojan horse)のワームが含まれたものもあり、気づかずにPCに入れてしまう可能性もあります。

そのため、アンチウィルスソフトやファイアウォールによる、
ネットワークセキュリティ(network security)を整えての、パソコンのプログラムやデータの保護は必須です。

通信がされていることを第三者に知らせないようにするステガノグラフィー(steganography)や、
また通信されている場所や通信量を知らせないようにするトラフィックセキュリティ(traffic security)、
そしてコンピューターやメッセージの暗号化(encryption)、認証(authentication)といった対策を、
プロの技術者の方に、一通り設定をしてもらうと、より安全です。

故障したHDDは専門のデータ復旧サービスで見てもらう

パソコン販売店で実施されているサポートでは、間違えて削除したファイルの復元や、
壊れたPCからの読み出しといった、簡単なデータのサルベージの方法の範囲で、
復旧のサービスが実施されているショップもあります。

その一方で、ウィンチェスター型の技術を元にした現在のハードディスクドライブは、
データを記憶する部分のプラッタが、硬質の磁気媒体で構築されていて、
ストレージの内部が密閉された精密機器となっています。

そのため、専門のクリーンラボが用意されている専門事業のデータ復旧サービスセンターでのみ、
破損したストレージの内部からファイルを読み込んで、データの取り出しをしてもらうことができます。

HDDが故障してしまい、異音が鳴っている時は、ヘッドクラッシュの物理障害が出ている可能性が高いため、
専門事業のデータリカバリーサービスの方にお問い合わせをして、見てもらわれることをおすすめします。