ペンタブレットがPCに認識されない原因と修復の方法とは?

ペンタブレット[Tablet]とは、マウスと同じくパソコンのモニタ上に表示される
矢印のカーソルを操作、クリックできるポインティングデバイスという入力機器で、
主にグラフィックソフトなどのデジタル画像作成ツールでの描画に使われます。

専用のボードと電子ペンとのセットで構成されるユーザーインターフェイスであり、
ディスプレイ上で絵や文字を書くようなタッチで繊細な描画線を引くことができます。
主に Wacom(ワコム)のペンタブや液晶タブレットなどが市販されています。

ペンの方は電池式のワイヤレスで、ボードの方はUSBポートを通してPCに接続します。

しかしタブレットはマウスやキーボードに比べてやや動作不良や認識エラーが
起こりやすいハードウェアでもあり、突然字が書けなくなったり
カーソルを動かせなくなるといった問題が起こる場合もあります。




不調が考えられる主な原因

・電子ペンの電池が切れている、またはちゃんと入っていない。
・ペンの先が欠けている。
・機材が水濡れしてしまったり汚れが付着している。
・インストールCDから専用プログラムとフォルダをセットアップしていない。
・デバイスマネージャーに正常に認識されていない。
・パソコンのスペックが低いと時々動作エラーが起こりやすくなる。
・PCに必要な動作環境が満たされていない。
・長年の使用で老朽化や破損が起きている。

またパソコン本体に一時、システム的な接続エラーが起きている場合も多いので、
再起動してもう一度立ち上げてみたり、タブレットを接続し直されて、修復を試みてください。

また、デバイスマネージャーにコントロールパネルからアクセスして、ペンタブレットの
デバイスドライバを削除・アンインストールしてから一度USBコネクタを抜いて、
もう一度再起動することで、修復できる可能性があります。

外付けハードディスクやRAID、USBメモリなどほかのUSBコネクタで使っているUSBポートと
配置を交換してみる方法もあります。

どうしてもペンタブレットのデバイスがパソコンに正常に認識しない時は、
コンピューターの修理サービスで見てもらわれることもおすすめします。