iPadの初期化で消えたデータを復元するには?

Apple社より開発・発売されていますタブレット型のコンピューターの製品
【iPad】(アイパッド)は現在、特に需要の高いタブレットPCで、日本だけでなく世界中で親しまれています。

誤って記録したデータを初期化で消去してしまったり、ファイルの保存中のエラーや衝撃が起きて
ファイルやシステムに深刻なダメージが発生してしまうケースは起こりえますので、
こまめに、パソコンや記録カードにバックアップを取る必要性もあります。

iPadのiOSのシステムは、Apple製のモバイル製品を取り扱える、パソコン用の管理ソフトウェアである
iTunes【アイチューンズ】を使って、手順に従って復元できますので、もしiPadの動作にも
支障が出た場合は、まずはお手元のマニュアルを確認してからiTunesを試してみましょう。

保存していたデータのみが初期化などのミスで消えた時は、事前に外付けハードディスク・SSDや
RAID、NASなどにバックアップを取っていれば、
USBポートを経由してパソコンに接続し、コピーしていたファイルを移し変えることで元に戻せます。




第一世代の頃のiPodにはまだ故障や再生・記録エラーのトラブルが頻繁に報告されていたようですが、
近年のiPadでは徐々に改善されていき、より快適かつ便利に使用ができます。

著作権で保護された音楽などのファイル管理にはご注意ください。

次に、電車に乗っている際にiPadで音楽を聴いていると、急に音楽が止まってもう一度曲を選ぶと
「曲が表示できません」と出てきて曲は聴けず、曲名だけ出ている、といった場合、
前にiTunesから一度は正常に曲をインポートできていましたら、
やはり電車での乗車中などの振動や強打のショックで故障が起きた可能性が高いです。

誤った初期化の前にデータのバックアップを取ってありましたら、一度iPadをリセットして
入れ直す方法も使えるかと思いますが、できれば一度Appleサポートで
どこか部品やシステムが損傷していないか検査を行ってもらった方がやはり無難です。

次に、間違えて画面にロックをしてしまい、ロック番号がわからない時は、
特に設定変更をしていない状態でしたら、初期番号の0000を押してみるか、
パソコンに接続をされてiTunesで一度同期し、接続を解除されてみてください。

iPadのアップデーターを使うと一部の一時的なデータが消えてしまうことがありますのでご注意ください。

初期化をする前に事前にiCloud(アイクラウド)への自動バックアップといった、
クラウドストレージなどをセットされていれば、そちらも開いてみてください。

物理障害からのデータ復旧の場合は、iPad本体からの直接的な復旧は現状では難しいため、
新しく買い替えを行う必要が出てくる場合もあります。

バックアップが無かった場合は、まだオペレーティングシステム自体が正常に起動できれば、
専門のデータ復旧サービスセンターにてアクセスをしてもらって復元作業を行ってもらいましょう。

また、iPadの液晶画面が壊れてしまい中身のデータが見れずに機器に閉じ込められた状態の時も同じく、
データ復旧サービスにてiPad本体の読み出しにより抽出してもらうこともおすすめします。