RAIDコントローラが故障した時にデータを復旧するには?

ハードディスクを複数台搭載して、データの読み込みの高速化や大容量化、物理障害に対する保護を施す、
RAID』(レイド)のケースは、コントローラ(基板)によって各HDDを接続する仕組みです。

外付けハードディスクドライブと同じく、現在は大変需要の高いハードウェアでもあります。

BUFFALO(バッファロー)の『DriveStation』(ドライブステーション)など、データ保存用のRAID単体の製品や、
『LinkStation』(リンクステーション)のように、NASと一体化したネットワークドライブとしての製品、
また、自身で組み立てて構築・設定して作ったRAIDシステムなどの様々な形態があります。

RAIDの基板が破損するトラブルとは?

しかし、RAIDのコントローラ(基板)が、ある時 長く製品のケースを使用してきたことでの経年劣化による、
パーツの摩耗、また熱暴走、電圧の負荷、異物の付着、強い衝撃、インターフェース(コネクタ部分の欠損)、
といった原因で、物理的に破損したりして故障してしまったら、RAIDとその内部のハードディスクドライブは、
多くの場合、パソコンなどの電子機器にデバイスが認識されなくなってしまいます。

そんな時には、どうすればコントローラが故障したRAIDのデータをもう一度読み込んで復旧することができる?
または専門のサービスでリカバリーしてもらう方法とは?という疑問について。




装置が壊れている状態の原因をチェック

まず、RAIDは2基以上のハードディスクを一つのストレージとして組み合わせて、
ファイルやフォルダーを書き込みする、ディスクアレイの設定では、
読み取りのためのシステムも独自の仕組みを使っている場合が多いです。

なので、単純にデスクトップパソコンの空いたドライブベイのトレーに差し込んで増設したり、
外付けハードディスクケースに入れてUSBケーブルから接続しただけでは、
特にWindowsのエクスプローラーなどでは、書き込まれたデータファイルが正しく開けない場合もあります。

RAIDケースのアクセスランプの点灯の具合は?

次に、故障した箇所がパソコンかハードディスクか、RAIDの本体にあるコントローラ(基板)などの部品か、
よくわからない、という場合に原因を発見して、ストレージとデータの読み込みを復旧する方法について。

まず、パソコンのBIOS(バイオス)の画面や、デバイスマネージャーを開きます。

外部のデバイスとして、大容量記憶装置が認識されて正常に表示されているかどうかを確認したり、
RAID本体のアクセスランプ(LED)の点灯の状態などで、ある程度、問題のある個所や壊れた部分を把握して、
ストレージと内部のデータの読み込みの復旧ができる可能性もあります。

RAIDケースの製品ごとに同梱された、取扱説明書のトラブルシューティングなどもご参照ください。

RAIDの通気口にホコリやごみが溜まっていた時は、コンピューター用のクリーニングキットなどを用いて取り除きます。

基本的に、機材が破損してハードディスクにアクセスできない状態になり、
保管されているファイルやシステムが開けなくなった時には、プロのデータレスキューサービスの方で、
故障したRAIDケースかHDDを提出して、専門のスタッフの方にて、復旧をしてもらわれることを推奨します。




コントローラが損傷していた時に対処するには?

次に、RAIDには他のコンピューターと同じく、『コントローラー』というボード(基板)が実装されます。

『RAID controller』(レイドコントローラ)、別名『Disk array controller』(ディスクアレイコントローラ)
と呼ばれている、主に拡張カードのような形状をしているパーツです。

部品について詳しくは、インテル®RAIDコントローラーの一覧なども参考になります。

コントローラは、デスクトップパソコンのマザーボードに最初から実装されている物もあります。

このRAIDコントローラが破損してしまった場合は、まず、パソコンのマザーボードのように
交換できる代わりの同じ基板がそうそう入手できない、という難点があります。

最初から製品単品として販売されているRAIDコントローラを使っていた場合は良いのですが、
製造メーカーや製品の種別が違うと、システムが正常に動かず修復ができない可能性が高いです。

また、RAIDケースが故障したら修理できる?という疑問について、詳しくはこちらのページにて。

同じRAIDケースの製品をもう一台購入するか、またはジャンクショップなどで、
コントローラのみを単品で購入して、ご自身でRAIDケースを分解して慎重な作業の中で、
故障したパーツの交換をしてうまくいけば、修理に成功して復旧できる可能性もあります。

しかし、想定外の正常に機器に認識できないトラブルなどが発生したり、
アクセスや読み込みのエラーでハードディスクにまで問題が起こる可能性も0とは言い切れません。

また、最近の製品によっては、コントローラごとに認証番号が振り分けられてて、
同じパーツでも別の商品に使われているものでは、認識ができずに復旧がうまくいかない可能性もあります。

専門のデータリカバリーサービスへ注文する

特に、長期保証期間の有効期限の間は、なるべくメーカーのカスタマーサポートに、
RAIDケースの製品のカートリッジを丸ごと送付で出して、
故障したRAIDコントローラなどの部品を交換して修理してもらうことをおすすめします。

データが消えてしまった時のために、バックアップを取っていた先のデータ記憶装置が、
その故障したRAID本体だった、という場合は、やはりRAIDのコントローラーボードだけでなく本体ごと、
機器を購入された際の店舗か販売メーカー先のサポートに出して、修理してもらうのが一番確実です。

もしコントローラではなくハードディスクの方が片方故障していた、という場合は、
新しいハードディスクに差し替えして再度RAIDを起動すると、リビルド機能が作動して、
そちらのドライブにも、他のHDDに書き込まれていたデータと同じファイルが書き込まれて元通りに復旧できます。

コントローラーなどのRAIDケースの部品に異常が発生した影響で万が一、ハードディスクの方にも問題が発生して、
RAIDケースが修理できた後でもファイルが開けなくなったら、RAIDの修復に対応されたデータ復旧サービスセンターに
問い合わせて、壊れたRAIDと中身のハードディスクを修復可能どうか、検査してもらわれることをおすすめします。