差込口が折れたデータ記憶装置からファイルは復旧できる?

HDDやメモリーカードを持ち運びしている最中や、プラグの引き抜きする際に、
誤って曲げてしまい、ピンや差込口のコネクタの部分が折れてしまった場合には、
破損したデータ記憶装置から、ファイルを復旧することはできる?という疑問について。

差込口が折れてパソコンで読み込みできなくなったら?

まず、PC本体に内蔵されたハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、CF、MO、SDカード、xDピクチャーカード
コンパクトフラッシュなどのデジタルデータの補助記憶装置は、
差込口(インターフェース)をSATA/IDEケーブルや電源ケーブル、またはUSBポート、カードリーダー、
またデジタルカメラ本体といった電子機器に接続して、データを読み込みしたりフォーマットを行います。

ですが、差込口のピンが一本でも折れてしまったり、または欠けていたり錆び付いていると、
大抵は読み込みが正常にできなくなり、場合によってはそのまま破損が悪化してしまいます。

外部のケースのプラスチックが少し欠けただけでしたら、接続面に欠片が挟まっていなければ大丈夫です。




まだデータ記憶装置に保存されたファイルは無事?

まず、内部のプラッタ(円盤部分)やメモリチップ自体が損傷していなくて、
ハードウェアが物理的に完全に破損していなければ、基本的にまだ復旧できる見込みがあります。

無理に何度もストレージを読み込もうとしたら、壊れた状態のまま電流が走って、
内部のディスクやチップにダメージが出てしまうおそれもあるため、
あまり強引に折れた補助記憶装置からデータを読み込もうとされないようにご注意ください。

通電されるのはなるべく控えて、データリカバリーサービスで検査をしてもらうのが安全です。

プラグのパーツを交換して復旧することはできる?

次に、個人で直せる場合としましては、たとえばハードディスクの場合は、
差込口のプラグが付いたコントローラーボードをドライバーで外して、
別のハードディスクのコントローラーと一時的に交換することで、読み込みできる可能性があります。

ですが、同じメーカーの同じ形状である必要があり、また最近のSATA製のHDDには、
一台ずつ認識番号が設定されていて、コントローラーを換えてみてもコードが合わずに認識されず、
データが開けない場合があります。

ほか、デスクトップパソコンの差込口で機器が読み込めない状態から修復する方法については、こちらのページにて。

外部のカートリッジが破損した場合は?

次に、micsoSDメモリーカードやMiniSDメモリーカードの「アダプター」が折れた場合の対処法について。

たとえばエレコムのメモリカード変換アダプタ(microSD→SD)などの代替品を購入して、
そちらに付け替えれば、また開くことができます。

メモリースティックのアダプターが破損した場合も、交換することでデータの読み込みが復旧できます。

また、MO(光ディスク)の場合は、ディスクを覆うカートリッジが割れたのみで中身の円盤は無事でしたら、
カートリッジだけ別のMOと一時的に交換して、読み込む方法もあります。

コネクタやピンが物理的に損壊したら?

しかし、パソコンや外付けのケースに内蔵されたハードディスクドライブ、
特に最近で製造されたSATA方式のHDDのインターフェースとコントローラが破損して読み込めなくなったら、
すぐに使用をお控えください。

また、SSD(ソリッドステートドライブ)の差込口が折れてしまった場合は、
専門の事業でも内部のボリュームを開くのはなかなか難しく、そのまま読み込めなくなることが多いです。

そのため、データ記憶装置が壊れる前に、定期的にファイルのバックアップを行うことが非常に重要です。

もし、デバイスドライバに完全に読み込めないほどコネクタやピンが物理的に損壊していた時は、
ハードディスクのプラッタやメモリーカードのチップを一般の個人で分解して取り出すのはほぼ不可能なので、
専門のデータ復旧サービスにて、ファイルのリカバリーの作業の依頼をされてみることをおすすめします。