自作の組み立てパソコンが破損した時に修復するには?

自作の組み立てパソコンを製作する際にはなかなかストレートに起動ができず、
正常に稼動しないトラブルが頻繁に起こりえまして、特に初心者の方の場合は
マニュアル通りにやったようでもどこかで接続ミスやパーツの破損を起こしてしまう
ケースが非常に多いので、一つ一つの手順を間違えずに行う必要があります。

配置のミスの解消

精密機器がケースに覆われているハードディスクドライブや電源ユニット・CD/DVDドライブあたりは
比較的扱いやすいのですが、パーツや差込口がむき出し状態になっているマザーボードや
メモリの取り扱いにはある程度気をつけて配置を行われてください。

パーツの破損

うっかりCPUやファン・メモリ、マザーボードの装着時にプラグが
曲がったリ折れてしまうともう使用できなくなってしまいます。

管理ツールを開いて、「Windowsメモリ診断」を選択してスキャンを掛けたら、
PCが再起動して、無事に立ち上がって完全に修復できる見込みがあります。

メモリの方に問題が発生していた場合は、気づかずわかりづらいこともあります。

システムの更新とリカバー

次に、更新プログラムの構成が出来ず、更新プログラムのインストールは出来るものの、構成でいつも
「失敗しました」とエラーメッセ-ジが出て、PCの「システムの復元」を使っても元に戻せず、またノートンのシステムの
オールスキャンをしても異常は見当たらず「安全」と表示されて、それ以外にもノートンの修復を使ったり、
PCのデフラグをしても回復せず、どうすれば、更新プログラムの構成がうまく行く?というご質問について。

パソコンにインストールされたアプリケーションソフトの どれかに
特別な機能が有効になっていて更新が阻害されている、という可能性も考えられます。

不要なプログラムをアンインストール

必要のないプログラムをアンインストールしたり無効にして、またキーボードや
マウス以外のUSBケーブルの外部デバイスなども全て取り外してから、再度実行してみてください。

場合によってはどの機能が原因かなかなか見つからず、リカバリーしてOSの初期化を
しなければ直らない可能性もありますので念のため、バックアップも先に行ってください。

パーツを新品に交換

接続ミスなら正常に直せば問題ないのですが、パーツの損壊は修理業者でも
難しくなるため、新しく買い直さなければならないことになります。

なので、とにかく組立パーツだけは壊してしまわれないように、
特に部品接続のマニュアルはよりしっかりと目を通して行われるようにしましょう。

また、埃やごみ・水気がPCケースの内部に付着しないように事前に、
自作パソコンの組立作業を行われる部屋の中の掃除をされておくこともお薦めします。

自身では壊れたパソコンを直すのが難しそう、という際には、専門の
パソコン修理サービスセンターに注文して、修復の検査と見積もりを行ってもらうこともできます。