PowerPointの上書き保存前のファイルを自動回復で修復

マイクロソフト社から開発・発売されていますMicrosoft Officeスイートの一つである、
Microsoft PowerPoint』を使ってプレゼンテーションのファイルを作成している時に、

アプリケーションソフトのエラーやパソコンの急なフリーズ、停電などの影響で動作が止まってしまい、
上書き保存(Overwrite Save)ができず、更新した一部のデータが消えてしまった場合に、
プレゼンテーション(presentation)を後から修復するにはどうすればいい?という疑問について。

プレゼンテーションのデータの自動回復機能とは?

まず、Microsoft PowerPointには、Excel(エクセル)やWord(ワード)と同じく、
一定時間が経つたびに自動的に更新した分のデータが一時的に別の専用フォルダーに保存されていく、
『自動回復』という ソフトウェアの機能が、それぞれのバージョンに標準で備わっています。

マイクロソフトオフィスのPowerPointで自動回復のために使われる専用のフォルダーは、
例えばWindows 8.1では、アプリケーションソフトのインストール・セットアップの時に以下の場所に作成されます。

Cドライブ:→Users→ユーザー→AppData→Roaming→Microsoft→PowerPoint

パワーポイントを起動して、プレゼンテーションソフトウェアの
シート作成・編集画面にある上部メニューの「ファイル」の画面を開きます。

左側の項目の一番下にある「オプション」を開いて、
「PowerPointオプション」の画面が出たら、「保存」の設定項目を開きます。

オプションの画面でファイルの保存の設定を変更する

こちらの設定では、デフォルトで「次の間隔で自動回復用データを保存する」のマークに
チェックが入っていますので、最初から自動回復機能の使用が可能です。

はじめは10分おきの保存の間隔に設定されています。

もっと頻繁にデータを更新したい場合には、1分、3分、5分、という具合に変更できます。

PowerPoint for Macの場合は、「書類」のフォルダーにデータを保存していることも多いです。

修復の作業が自身では難しそうな場合には、プロのデータ復旧サービスセンターに注文して、
パソコンを提出するか、出張サービスで来てもらい、復旧の措置の代行をしてもらう方法もあります。




上書き保存の前に終了した場合にデータを修復するには?

標準のファイルの保存形式は「PowerPointプレゼンテーション」(.pptx)になっていますので、
用途に応じていくつかの別の種類の形式に変更することもできます。

また、「保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す」にもチェックを付けていれば、
間違えて上書き保存をする前にMicrosoft Office PowerPointのウィンドウを閉じて
「保存しない」を選択してしまうミスをしてしまった場合でも、後から修復できます。

また、PowerPointのpptファイルを修復するには?という疑問について詳しくは、こちらのページにて。

パワーポイントを開き直して同じファイルを展開する

次に、「名前を付けて保存」をした、提案や成果の資料やサービスの素材などが記載されている
プレゼンテーションのデータを更に編集してコンテンツを更新していった際に、
うっかりPowerPointの画面を閉じて上書きの選択画面で「保存しない」を選んで終了した場合について。

まずはもう一度PowerPointを開き直して、同じファイルを展開します。

この時点では、最後にMicrosoft Office PowerPointで上書き保存をした段階のデータのままなので、
そこで「ファイル」のタブにある「情報」を開くと
「バージョン」の項目に『時刻(保存しないで終了)』というデータが出ています。

これを選択すると、その時刻の段階で自動保存がされた状態での更新分のデータが開けます。

こちらを上書き保存して、データの修復は完了です。

もしバックアップ用のデータが破損していたり、そちらのパワーポイントのファイルも消去されていた場合は、
データリカバリーサービスに問い合わせて、見てもらわれれることを推奨しします。




PowerPointの強制終了が起きた場合からの復元

アプリケーションエラーやOSのフリーズ、電力の遮断などの原因で、
作業の途中で上書き保存をする前にPowerPointが閉じてしまった場合には、
まずパソコンを起動し直して、パワーポイントのウィンドウをもう一度開きます。

最初の画面に「回復済み」という項目が表示されています。

復元されたファイルの表示」という項目をクリックします。

次に出てくるドキュメントの回復の画面で、選択可能なファイルの「自動保存」という項目があります。

これを選んでMicrosoft Office PowerPointを展開すると、上書き保存の前でウィンドウが閉じてしまった際に、
最後に更新された時刻の段階での自動回復のデータが開きます。

開いたファイルを上書き保存して、自動保存のデータからのドキュメントの修復の作業は完了です。

データ復旧サービスでファイルを復活してもらう

MicrosoftのPowerPoint(パワーポイント)で作成・編集したプレゼンテーションの「ppt」といったファイルや、
他のExcel、Word、PowerPointといったオフィススイートで作成した拡張子自体をダイアログボックスなどから削除して、
バックアップの分も残っていなかった場合は、市販のデータ復元ソフトを購入して、修復を試みることもできます。

なお、パソコンが強制終了で閉じてしまった時にもしもその影響でパソコン本体や
ハードディスクドライブが故障してしまい、データが開けなくなった場合は、上記と同じく、
メーカー先のカスタマーサポートセンターなどの所に修理に出す前に、専門のデータ復旧サービスセンターに出して、
中身の大事なファイルの抽出によるデータの救出を行ってもらわれることをおすすめします。