クイックフォーマットしたディスクのデータを復元するには?

お使いのパソコンに内蔵されているハードディスクドライブや外付けHDD、
MO、SDカード、USBメモリ、フロッピーディスクなどの記憶メディアの媒体に

「エクスプローラー」のプロパティ画面や「フォーマットしますか?」のバルーンで
「クイックフォーマット」をかけて全データをリセット/初期化した後に、
消去されたファイルやアプリケーションが必要になった時、
クイックフォーマットからの復旧を実行して、ファイルを元に戻せる?という疑問について。

まず、フォーマットは保存領域のうち、記録の管理している部分のみを
「初期状態」に戻す作業ですので、データそのものはこの時点ではまだ削除されていません。

またチェックディスクで不良セクタの検出による書込みトラブルの防止も兼ねて行われます。
(クイックフォーマットとは時間短縮のかわりに不良箇所の検査をしない作業の事です。)

うっかり勢いなどで誤った初期化の作業を行ってリセットされた直後の段階なら、
100%全てのファイルを救出できるとは限らないのですが
ファイル復元のアプリケーションやデータ救出サービスなどにより、元に戻す事が可能です。

ただしOSの再セットアップをしたHDDのフォーマットからデータ復旧をする場合は
早めにインストールの取り消しの手順を実行して前の状態に戻す必要があります。

しかしフォーマットの後に他のファイルを上書きしてしまうと以前に保管していた痕跡が断片化したり
消えてしまうなどで、不完全に再生されてしまったり正常に開かなくなる場合もあります。

必ず新しいファイルが書き込みされる前に、復元作業を行ってください。





また、『Superファイル復活4』など専門のソフトウェアによっては、NASやCD-RW、
DVD-RW、BD-RE、MO、フロッピーディスクなど一部の記憶媒体に対応されていない製品もあります。
(逆に『ファイナルデータ』など、ディスクメディアにも対応された製品もあります。)

もし購入をされる前には先に、パッケージの裏側などを見て、
クイックフォーマットをかけてしまったメディアが対応されているか事前に確認します。

リムーバブルメディアは『クイックフォーマット』のみファイルの復帰が可能で、
通常の物理フォーマットを行った場合は修復が難しくなる可能性もありますので
そのあたりでも購入や依頼を行われる事前には念のためによくご確認ください。

記憶装置を初期化するとただの個別の拡張子やツールの削除とは違い全ての書き込み領域が
真っ白に消えてしまうように見えるのですが、実際にはデスクトップ画面から目視で確認できない部分に
まだ拡張子の痕跡が残されていますので、すぐにフォーマット後からのスキャン機能を用いた
データ復元を実行すれば、まだ拡張子の修復に間に合う見込みがあります。

また、「システムの復元」や「ファイル履歴」、「Windows7ファイルの回復」など
コンピューター上の機能や市販のユーティリティー、クラウドサービスなどで
事前にバックアップを行っておけば、誤って消去してもすぐにそこから復旧できます。

クイックフォーマットに限らず、論理障害に関するデータ消失のトラブルでしたら
基本的にはすぐに復旧作業を行うか、専門業者に依頼する事がより確実な回復方法です。

個人での修復が難しそうな場合は、やはり専門のデータ復旧サービスの方に注文をして
診てもらわれることをおすすめします。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

«

»