RAID0は1や5、6よりもデータの復旧が必要になりやすい?

ハードディスクドライブを複数使用できる、大容量のPCシステムおよび記憶デバイスとして需要の高い機器の
RAID(Redundant Arrays of Independent Disks)のうち、、冗長性を有する他のディスクアレイ(Disk Array)の
方式と比べて、RAID0(ストライピング/striping)のモードで運用する場合は、
やはりデータファイルが開けなくなる確率と、復旧の措置が必要になりやすい?という疑問について。

ハードディスクドライブのファイルの書き込み

まず、たとえばRAID1(ミラーリング)のディスクアレイは、2グループに分かれた
ハードディスクドライブの両方にデータを二重化して書き込むため、片方が壊れてもまだ稼動が出来ます。

一方でRAID0(レイド・ゼロ)の場合は、ドライブの数を多く設置するほど故障する確率は高くなります。

そのため、やはりHDD(固定ディスク)のうち一台が故障してしまうだけで
内部のファイルやプログラムが読み込めなくなる事態になることも多くなりがちな難点があります。

RAID0のデータ復旧の作業は、他のHDD多重化のシステムに比べて、安全性が低いために、
頻度も多くなりがちで、そのため、ハードディスクの破損に備えて、
データーのバックアップは特に重点を置いて運営していきましょう。

RAID0、1、5、6~のディスクアレイの性能とは?

RAID(リダンダント・アレイズ・オブ・インエクスペンシブ・ディスクズ)の運用は、
通常のパソコン本体で一台のみのストレージの場合よりも、データの保存の信頼性に優れています。

またミラーリングの技術など様々なディスクアレイ構成を設定することで、安全性を更に強化することもできます。

PC、サーバ、ワークステーション、LinkStation、TeraStation、LANDISKなど多くの機器にて実用化されています。

レイドには現在で0、1、2、3、4、5、6、10、50、Z、1+0、0+1、5+1、1+5、6+0、0+6と、
数多くのレベル(バージョン)や組み合わせが存在します。

その中で、RAID0(ストライピング)の場合は耐故障性(冗長性)が無く、
2機搭載されるHDDのうち一台が故障しただけで保存したデータファイルが開けなくなり、
そのままではすべて使い物にならなくなるためRAID1・5・6~と比べて安全性は低めです。

RAIDの方式は2基以上、6の方式は3基以上のHDが同時に故障してしまうとシステム全体が
故障してしまうものの、より多くハードディスクを分散させて冗長化しているため、耐故障性は高めです。

データ高速化のRAID0システム(ストライピング)とは?という疑問についてより詳しくは、こちらのページにて。

パソコンの中身の修理や部品の付け替えもしてもらえる?

次に、フォルダーからの誤ったファイルの削除・ハードディスクの初期化のミスなどで
失ったファイルの復元だけでなく、RAIDケースや、ディスクアレイを導入したパソコンやNASから、
壊れたケースの修復や、内部のいろいろな部品の換装、システムの修理や周辺機器の付け替え、
といった、故障した部分の取替え・買い替えも、サービスでしてもらえる?という疑問について。

まず、データの復旧のみを専門の事業とされているサービスセンターでは、コンピューターの修理の方は
サポートの対象外になるのですが、パソコンやサーバといった機材の修理も併用で実施されている会社では、
各サービスの用意されているプランで対処ができる範囲において、請け負ってもらうことができます。

落下した衝撃で損壊したRAIDケースやディスクアレイを組み込んだパソコン、
高電圧などで壊れたファイルサーバのリペア(修繕)をしてもらいたい、といった場合、
破損したハードディスクドライブや、割れたコントローラ、電源ボタンといったパーツの
直接的な修復ではなく、基本的には新品への交換という形での修理の作業になります。

RAIDケースのパーツの交換はできる?

しかし、パソコンとは違い、外付けのRAIDやNASのケースの製品に使用されている
コントローラ(基盤)といったパーツは、メーカー製の独自のものが多く、
部品の交換には、ジャンクショップでも、必ずしも合致するものがあるとは限りません。

特に新しい製品は、基板に認証番号が割り振られていてデータの読み込みがうまくいかない可能性もあります。

そのため基本的に、新品のパーツへの付け替えと、部品の換装の作業が必要になる場合は、
メーカー先のカスタマーサポートへの注文が主な修理の方法となります。

また、コンピューターや補助記憶装置、電子機器に使用する工具、持ち運び用のバッグ、清掃用品などが、
何かの事故で複数損壊した場合は、あらかじめ状況に応じた物的な損害を補償してもらえる、
保険会社で実施されたサービスに加入をしていれば、所持品の対物保険のサービスの対象として、
修繕や買い替えに掛かる費用が発生した際に、保険金としてある程度の金額を補填してもらうことができます。

電子機器のケースに付けた焦げ跡や こぼした飲み物の染みなど、
直接的に機能の問題と関係のない部分での破損や汚れを修繕したい、という場合には、
カバーの交換や、部分的な塗装のし直しといった作業をしてもらえる事業への注文となります。

データ復旧のサービスでファイルを取り出ししてもらう

各大手の、物理障害に対応されたデータ復旧サービスセンターのラボでは、RAID0やRAID1、など、
HDDを使ったハードウェアの機器に一通り対応されています。

突然RAIDに何らかの障害が起きてしまった時は、基本的に自力の修復作業はなるべく控えて、
プロのデータ復元の事業の方に、まずご相談をされてみることを推奨します。

HDDのコントローラが壊れてハードディスクが開かない、という場合も、
物理障害に対応されたデータ復旧サービスセンターでのサポートの対象になります。