RAID0は1や5、6よりもデータ復元が必要になりやすい?

大容量のPCシステムおよび記憶メディアとして需要の高いHDD機器:
RAID[Redundant Arrays of Independent Disks]はハードディスクドライブを複数使用できることから、
通常のパソコン本体よりもデータ保存の信頼性に優れ、またミラーリング技術など様々な
ディスクアレイ構成を設定する事で安全性を更に強化することもできます。

PC、サーバ、ワークステーション、LinkStation、TeraStation、LANDISKなど
多くのIT機器にて実用化されています。

レイドには現在で0、1、2、3、4、5、6、10、50、Z、1+0、0+1、5+1、1+5、6+0、0+6
と、数多くのレベル(バージョン)や組み合わせが存在するのですが、
RAID0(ストライピング)の場合は耐故障性が無く、2機搭載されるHDDのうち一台が
故障しただけで全て使い物にならなくなるため1・5・6~と比べてRAID0の安全性は低めです。

Raid5の方式は2基以上、6の方式は3基以上のHDが同時に故障してしまうとシステム全体が
故障してしまうものの、より多くハードディスクを分散させているため、耐故障性は高めです。

RAID1(ミラーリング)も、2グループに分かれたハードディスクドライブの
両方にデータを二重化して書き込むため、片方が壊れてもまだ稼動が出来ます。





一方レイド0の場合はドライブの数を多く設置するほど故障する確率は高くなり、
やはり一台が故障してしまうだけで内部のファイルやプログラムが読み込めなくなる
事態になってしまう事も多くなりがちな難点があります。

RAID0復旧の作業は他のHDD多重化システムに比べて安全性が低いために回数も多くなりがちで、
ハードディスクの破損に備えてデーターのバックアップは特に重点を置いて運営していきましょう。

各大手のデータ復旧サービスセンターのラボでは、RAID0やRAID1、など
HDDを使ったハードウェア機器に全て対応されています。

突然RAIDに何らかの障害が起きてしまった時は、基本的に自力の修復作業は
なるべく控えて、復旧専門業者の方にまずご相談をされてみることを推奨します。



『「RAID・ミラーリング」のカテゴリーの前後のページ』

«

»