RAIDの設置でHDDのデータを失わずに済む?

ご使用のパソコン本体に内蔵されているHDD、または外付けのハードディスクドライブは、
PCのデータファイルやプログラムを保存する要となる大変貴重なパーツで より大切に取り扱う必要があります。

RAIDシステムで冗長性を付ける方法とは?

しかしながらハードディスクには負荷がかかりやすく、ヘッド障害や老朽化など、特に故障を起こしやすい機器です。

また修理がきかない消耗品でもあり、内部データの復旧をする必要が出くる可能性も高いです。

いつ壊れるのかも分からないですし、HDD一基のみでは心もとない難点もあります。

そんなHDDの欠点や不安な点を補うために、複数のハードディスクを一つに繋げるように組み合わせて
一つの媒体のように設置して、冗長性を付ける(多重化してデータを同時に保存する)、
『RAID(レイド)』という技術のシステムが大変有効で役立ちます。

RAIDのハードディスクドライブの交換

いくつものHDDを搭載してあるRAIDは、例えばそのうちの1~2基が物理的な障害で破損してしまっても、
残りの取り付けてあるハードディスクドライブが無事であれば、
データや設定を冗長化しているので貴重なファイルやシステムを失わずに済みます。

壊れた部分をすぐに取り外して別の新しいHDDに交換してRAIDを修復すれば、
また以前と同じ状態で引き続き使用できますので安全に管理することが可能です。

一基あたりの負荷も減り高速処理化もできますので、
以前でのRAIDを設置する前よりもスムーズにPCの作業を行える利点もあります。

システム上のデータの障害が起きたら?

複数のハードディスクドライブに、同じファイルやフォルダーを同時に書き込みすることで
保護をして安全性(冗長性)を得る、RAID(レイド)のシステムを設置して、
HDDのデータを失わずに済むようにディスクアレイに保存するこの手法は、主に物理的な破損に対して有効です。

一方で、ネットワーク上からコンピューターウイルスに感染してしまう障害が発生したり、
間違えて必要なデータをフォルダーから消去してしまったり、
まだデータのバックアップをしていない時にディスクアレイの構築モードを変更して初期化をすると、
RAIDのすべてのハードディスクに保存した同じファイルが同時に失われてしまいいます。

HDDのディスクアレイの方式の導入

ミラーリングディスクの技術だけでは、システム的なアクシデントには対応できないのですが、
コンピューターの故障トラブルの中で特にやっかいな物理障害に対しては、
やはりRAID(リダンダント・アレイズ・オブ・インエクスペンシブ・ディスクズ)は非常に強い技術です。

貴重な企業データなどを頻繁に取り扱うパソコンにはぜひ導入されてみると良いでしょう。

RAIDでパソコンのデータを安全に管理する方法とは?という疑問については、こちらのページにて。

使用の方法や設定によって、RAID0、1、5、6、10、ハードウェア方式、ソフトウェア方式など
いくつかの種類がありますので、特に用途に合った方式を導入されることで、より良く活用することができます。

データ復旧サービスでRAIDを見てもらう

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)やそれを搭載したパソコンやサーバ、NASから、
必要なファイルを間違えて消去してしまった場合でも、まだファイルの痕跡データが
ハードディスクのセクタに残留している可能性が高く、復元できる見込みがあります。

また、ディスクアレイのシステムの崩壊が起きて開けなくなった場合も、
HDDの内部に保存されたファイルやフォルダーはそのまま残っていますので、
専門で営業されていますデータ復旧サービスセンターに、RAIDを提出して、
内部のファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。